Microsoftの新しいウェブメール、Outlook.comが気になる。

20120801 002

photo credit: Foto_di_Signorina via photo pin cc

Gmailは使ってるけど使いこなせてはいない@yoshichihaです。

MicrosoftがHotmailに代わる新しいウェブメールサービス、Outlook.comを発表しましたね。

Microsoft、新生「Outlook.com」を発表 ソーシャル機能搭載でGmailに対抗 – ITmedia ニュース

マイクロソフト、新メールサービス Outlook.com を開始。誰でも登録可能 – Engadget Japanese

Microsoftがメールサービスを新装再開店, HotmailからOutlookへ改名

早速気になる人たちががんがん登録しているみたいです。

Outlook.comのプレビュー、開始3時間で100万人がサインアップ – ITmedia ニュース

Engadgetの記事がとても詳しく書かれており良い感じですが、こんなところがポイントでしょうか。

SNSとの連携

Facebook, Twitterの連絡先情報を同期させることができるほか、メールを送ってきた相手の最新フィードが見られたり、サイトを移動せずにメールの中からコメントを返したりできるようです。

後発の利を活かした感じですかね。
Microsoftが独自のソーシャルサービスを持っていないというやりやすさもあるのかもしれません。

SNSだけでなく、SkyDriveやOfficeなどMicrosoftのサービスとの連携も充実しているようです。

プライベートメールへの広告の非表示

おもいっきりGmailに対抗しているみたいですね。

Gmailのメール本文を開いた時の広告は、本文中の単語などから機械的に紐付けたものでしょうから、個人的にはさほど気になりませんが、もちろん人によっては嫌でしょう。

結構露骨なアピールをしてます。

Gmail アカウントを使って Outlook.com プレビューを試す

Outlook では、メールの内容を広告会社に売り渡すことはありません。

まとめ

上に挙げたような特長だけでなく、ウェブメールとしての機能も高いという評判です。
インタフェースもすっきりしているみたいですし、ちょっと使ってみたいですね。
登録してみようかなー。

最後にどうでもいいですけど、Outlookのログインページはこの人以外出てこないのでしょうか・・・

20120801 001

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする