大手ニュースサイトアカウントが・・・ Twitterアカウント管理に気をつけたい

2012 8 6 001
photo credit: webtreats via photo pin cc

こんにちは、Twitter大好き@yoshichihaです。

大手ニュース配信のロイターがTwitterアカウント乗っ取り被害を受けたとのニュースが。

ロイター、Twitterアカウントをハッカーに乗っ取られる – CNET Japan

同様の話がGizmodoにも。

GizmodoのTwitter乗っ取られる–元記者が経緯を明らかに – CNET Japan

気づかない間にスパムツイートが・・・というのはなかなか怖いですね。

個人ユーザでも、フォローしている人から謎のスパムDMが送られてきて「あれ?」と思ったことがある人もいるのではないかと思います。
これだけ浸透しているウェブサービスですから、何かあった時の影響は大きいでしょう。

アカウント乗っ取りに関して注意すべきことのまとめがNAVERまとめにありました。

Twitterアカウントが乗っ取られた時の対処法 – NAVER まとめ

当然ながら被害を受けてから対処するより、乗っ取りを受けないよう気をつけたほうがいいですよね。

対策は、

 ・パソコンのセキュリティチェックをしっかり行う
 ・簡単に推測できるパスワードを使わない
 ・怪しいアプリケーション人Twitter認証連携をさせない
 ・フィッシングサイトに気をつける

など、どれも基本的なことではありますが、だからこそ改めて注意しなければならないなと思いました。Facebookなんかも同じことが言えそうですね。

僕も改めてTwitter連携させているアプリを整理してみましたが、全部で60近くのアプリがつながっていました。中には久しく使っていないウェブサービスなんかも。
パスワードの変更とあわせて、定期的に整理するのが良いと思います。
どちらもTwitterのウェブサイトの「設定」から可能です。

様々なアプリケーション、ウェブサービスとの連携はTwitterの最大の魅力のひとつですから、便利に楽しく使っていくためにも、ユーザが自身のアカウントをしっかり管理しなければいけないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする