Fitbit OneのiPhoneとのBluetooth同期はやっぱり便利だった!

こんにちは。Fitbit Oneをゲットしてから階段をのぼるのが楽しい…かもしれない@yoshichihaです。

Fitbit Oneの目玉機能として、BluetoothでのiPhoneアプリとの連携がありますが、これが予想以上に便利だったのでご紹介します!

事前設定

不要です。Fitbit Oneのアクティベーション、サーバとの同期ができていればそれだけでOKです。ペアリングとかいりません。すごい楽です。

やり方

Fitbit Oneが近くにある状態で、Fitbitアプリを立ち上げます。

まずFitbitのサーバと同期されます。

と、思うと自動でBluetoothが起動し、同期が開始。はやっ!

数秒待つと…最新データに更新されました!
ドン!

これで、「家から会社まででどれくらい歩いたのかな?」なんてことがiPhoneから簡単にチェックできます。
もちろんUltraと同様、歩数も消費カロリーも、Fitbit本体から見ることはできますが、ベルトやパンツのポケットにクリップしていたりすると、いちいち本体を見るのは面倒です。

iPhoneアプリは立ち上げるだけでBluetooth同期されるので、服をめくったりFitbitを取り外したりしなくて済みます。
iPhoneアプリの画面をスクリーンショットして、flickrやevernoteにアップするなんてことも簡単にできますね。

というわけでBluetooth同期機能のご紹介でした。これからもどんどん歩きたいと思います!

Posted from するぷろ for iPhone.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント