ScanSnap S1500で実家のアルバムをデジタル化する理由

2012 7 12 15 44 37 002

こんにちは。昔は可愛らしかった?@yoshichihaです。

先日がんばって実家にScanSnapを持っていき、昔のアルバムを何冊かスキャンしました。

写真アルバムのデジタル化

2012 7 12 12 58 41 001

ScanSnap S1500を昨年夏に購入したのですが、目的のひとつに写真アルバムのデジタル化があります。

きっかけはこちらの記事。

子供のころの写真をScanSnapで電子化したよ! | No Second Life

これはいい!と思い、ScanSnap購入に至りました。

アルバムの電子化のメリットは大きく2つあると思います。

1.データ化してバックアップが容易になること
2.写真へのアクセスが楽になること

1については、そのまんまですが、コピーし放題ですし、DropboxやFlickrなどにあげれば何重にもバックアップをとることができます。

ただ個人的にポイントになっているのは2のほうです。

iPadで写真が簡単に見られる

2013 1 13 19 18 26 002

両親がマメだったのか、昔の写真は結構な量がアルバムに入って実家にあります。

しかしアルバム自体が大きくて重く、戸棚から出してきて見ようとすると一苦労。
写真を見る機会はあまり多くありませんでした。

その点、電子化してしまえば、iPadなどで簡単に鑑賞することができます。

実家にはiPad2があるので、

1. スキャンしてMacBook Airに取り込む
2. flickrに家族のみ公開でアップ
3. flickrの実家用アカウントを作り、家族に設定する
4. 実家のiPad2にFlickStackerをいれる

という感じで設定。

両親も祖父母も、ITリテラシは高くはないですが、ここまでセッティングしておけば、それほど難しくはありません。

写真を見て楽しんでもらえている姿を見ると、嬉しいです。

振り返ることは楽しい

2012 7 13 13 9 32 001

写真っていろいろなことを思い出させてくれますよね。

家族と一緒に写っている写真を見ていると、同じ時間を共有してきたということを改めて実感します。

アルバムから写真を一枚一枚剥がしてスキャンするのはなかなかの手間ですが、労力を補ってあまりある価値があると思います。

ScanSnapを持っている方は、ぜひ、押入れの奥に眠っているアルバムを開いてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする