iPhone × Bluetoothでコードレス音楽鑑賞のすすめ

2013 2 5 23 53 0 001

こんにちは。帰り道はたいてい音楽を聴いてフンフン言っているよしち(@yoshichiha)です。

iPhoneで音楽を聴くとき、Bluetoothを使うととても便利なのでご紹介。

iPodであり、電話であり、インターネット・コミュニケイターであるところのiPhone。
みなさんiPhoneで存分に音楽を楽しんでいることと思います。

iPhoneで音楽を聴く際、ヘッドホン・イヤホンをどうするかというのは、様々な意見があると思いますが、個人的には、Bluetoothレシーバーをおすすめしたいと思います。

Bluetoothのメリット

僕が使っているのはこのシリーズ。
(実際に使っているのはもう少し古いものですが)

Bluetoothの何がいいかと言えば、iPhoneにコードをつながなくてよいこと
これにつきます。

普通のイヤホンは、当然iPhoneのイヤホンジャックにコードをつないぎますが、Bluetoothを使うと、それが不要になります。

こんなところが素敵です。

iPhoneジャックへのプラグインが不要

Bluetoothのレシーバーをオンにするだけで、音楽が聴けます。

イヤホンジャックアクセサリーも自由度が高まるかもしれません。

iPhoneが束縛から解き放たれて自由になる

iPhoneをポケットにしまうとき、コードにつなげていれば、イヤホンジャックの位置を気にする必要がありますが、ワイヤレスならその必要はありません。

特にiPhone4Sだとジャックが上側なので、結構恩恵があります。

メールがきて、さっとiPhoneを取り出すときなど、コードを気にしなくてよいと、結構すっきりするんですよね。

余談ですが、iPhone5のジャックの位置が変わったのは、コードをつなげたままポケットにしまいやすくするためではないかと思っています。

眼前に広がる風景、そこにうねうねしたケーブルはない

iPhoneの画面を見るときに、コードが邪魔しません。

コードがあっても邪魔じゃないよ、と思うかもしれませんが、実際のところ、コードがなくなると、案外違いを感じます。

iPhoneだと、音楽を聴きながらネットを見たりアプリを使ったりすることが多いですが、Bluetoothを使うと、結構すっきりした気分でで遊べます。

ということで、どれもびっくりするほどのスーパー・メリットというわけではないですが、なんかこう地味~に、気持ち的に違うんです。

Bluetoothのデメリット

もちろんデメリットもあります。

音量が小さくなる

有線と比べると、やや音量が小さくなると思います。

僕はそれほど爆音では聴かないので、あまり気にならないです。

バッテリーの減りが早い

Bluetooth通信を使うと、バッテリーの減りが早くなると思います。

もっとも、Bluetoothを使わなくても、最近のiPhoneはバッテリーががんがん減るので、個人的にはBluetoothだからこそのデメリットとは感じないですが。

まとめ

iPhoneでの音楽鑑賞に求めるものは人それぞれ。

とにかくいい音質で聴きたい!ということであれば、高級なヘッドホンを直接iPhoneにつなぐのが一番だと思います。

一方で、高級でかさばるヘッドホンはいらないから、気軽に音楽を聴ければいいということであれば、Bluetoothのワイヤレスがもたらしてくれる自由さは結構魅力的だと思います。

iPhoneと一緒に快適ミュージック・ライフを!
ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする