Mac App Store請求トラブルでAppleのサポートに問い合わせた話

Mac app store

こんにちは。Mac歴半年のよしち(@yoshichiha)です。

Mac App Storeで、ちょっとした請求トラブルがあり、Appleサポートに問い合わせたので、やり方をシェア。

Apple サポートに問い合わせ

Apple サポートへのコンタクト方法は以下のとおりです。

Appleのウェブサイト内にあるので、AppleのサイトからたどっていってもOKですが、Mac App Storeから飛んだほうがちょっと楽です。

Mac App Storeのホームから、「ナビリンク」の「サポート」をクリックします。

2013 2 6 22 45 25 001

下のような画面がブラウザで立ち上がるので、「サポート連絡先」を選択。

2013 2 6 22 41 33 001

「こちらからスタート」を選択。この女の子かわいい。

2013 2 6 22 43 23 001

確認内容を選択します。
請求関連なので、以下のように「購入、請求およびコード」→「Mac App Storeアカウント請求」を選択し、「続ける」をクリック。

2013 2 4 23 25 42 001

よくある問い合わせで解決すればそれでOKですが、そうではない場合、メールで問い合わせます。

2013 2 6 22 47 32 001

問い合わせ内容を記入し、「続ける」をクリックすると、Appleサポートにメールが送信されます。

2013 2 6 22 36 17 001

正しくメールが送られると、お問い合わせ番号が発行され、入力したメールアドレスに確認のメールが送られてきます。

2013 2 6 22 56 29 001

これでAppleサポートへの問い合わせは完了です。

しばらくすると、担当の方からメールが送られてきて、状況などの確認になります。

事の顛末

今回問い合わせた顛末は下記の通り。

 1.Jpeg miniの無料アプリをインストール

 2.いっぱい使いそうなので、アプリ内アドオンでフルバージョンにアップデート

 3.Mac App StoreでJpeg miniのアップデート通知があったので、
   アップデートしようとした

 4.アップデートが表示されていたのは有料版アプリで、何も考えず
   ダウンロードボタンを押したら、課金が発生

 5.あれ?と思ったが、直後にJpeg miniが起動して、「購入済みです」という旨の
   メッセージが出たので、ほっとして放置

 6.と思ったら有料版の請求メールが届く

ということで

「無料版をお金払ってバージョンアップしたのに、有料版を別購入とみなされて課金されてしまいました。有料版の課金はシステムの誤りだと思うので、払い戻しになりませんか?」

という内容を伝えました。

何度か、オペレーションなどの確認をした上で、払い戻してもらえることになりました。よかった。

まとめ

今回のまとめは以下のとおりです。


 1.Macアプリ、iTunesアイテムに関する問い合わせはAppleサポートまで
 2.Appleサポートは、Appleのウェブサイト内にコンタクトフォームがある
 3.フォームから問い合わせた後は、担当の方と直接やり取りをする

今回は、顛末に書いた部分で、有料版のダウンロードボタンを押した、というあたりが、メールではなかなか伝わりづらく、やり取りに何日かかかりました。
(自分の記憶が曖昧だったというのもありますが・・)

言いたいことをわかりやすく説明するというのは、どんなシチュエーションでも大事ですよね。

誠実に、粘り強く説明することが大事だと思います。

これからも末永くAppleにはお世話になることでしょう。
Appleサポートのスタッフの方々に助けていただけると思うと、やっぱり安心できますね。

みなさんも素敵なAppleライフを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする