エアコンだけで足元の冷えを感じるなら、サーキュレーターを使うのがいいかも

【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ホワイト DKS-20W

こんにちは。床暖房が欲しいよしち(@yoshichiha)です。

まだまだ寒い日が続きます。
エアコンをずっとつけていても、足元があまり温まらなかったりしますよね。

そんなときはサーキュレーターを使いましょう。

サーキュレーターとは

エアコンは便利ですが、どうしても温かい空気は天井の方に溜まりがち。

足元は温まらないし、頭はぼーっとしてしまう。

頭は冷まして、足元は温めるのがよいという意味の「頭寒足熱」という言葉がありますが、逆の状況になってしまいます。

そんなときに便利なのがサーキュレーター。
風を起こして空気を循環させるための器具です。

見た目はこんな感じ。
昨今の節電対策(エアコン少なめで空気を循環させる)として、オフィスにあったりするかもしれないですね。

ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20

扇風機のような見た目ですが、「風をより直線的に飛ばせる」のがポイントのようです。

TWINBIRD サーキュレーター ホワイト KJ-D994W

部屋の空気をより効率的に循環させてくれます。

ちなみに、我が家にあるのはこちら。

価格もお手頃です。

サーキュレーターのメリット

サーキュレーターのよいところはこんな感じです。

足元が温まる

前述のとおりですが、天井付近の温かい空気と、床の冷たい空気をかき混ぜてくれるので、足元もわりと暖かくなります。

我が家でも、これまでは、エアコンをつけても足元が冷えるので、ホットカーペットの購入など検討していたのですが、サーキュレーターを導入して問題が解決しました。

これはありがたいです。

省エネになる

空気が循環するので、部屋が効率的に暖まります。

電力消費量も、サーキュレーターは約30〜40W、エアコンは10畳タイプで約600W。

サーキュレーター自体が負担になるということはあまりないでしょう。

ちなみにホットカーペットも500Wくらいあるようなので、それに比べるとだいぶ省エネですね。

空気がこもった感じがなくなる

エアコンをつけっぱなしにすると、ちょうど頭の高さより上くらいに温かい空気がたまって、なんとなく息苦しい感じがしますよね。

繰り返しになりますが、サーキュレーターは空気を循環させるので、こもった感じがなくなります。

湿度が高い時なんかも、空気が動くのでいくらかすっきりします。

加湿器と組み合わせるのもいいかもしれないですね。

サーキュレーターのデメリット

一応デメリットも。

個人的には一点、音がちょっと気になります。

「うるさい」というレベルではないのですが、ものすごく静か、というわけでもないです。
換気扇が回っているくらいの音はします。

どれくらい気になるかは、人それぞれだと思うので、なんとも言えないところもありますが。
電器店で実際にみてみるのが良いと思います。

もしかすると高級なものなら静音なのかもしれません。

まとめ

今回のまとめは以下のとおりです。

  1. サーキュレーターはエアコン使用でこもった空気を循環させてくれる
  2. 足元も温まり、省エネにもなる
  3. 音が気になるかどうかは個人差がありそう。電器屋さんでみてみるのがよさげ

「エアコンはつけているんだけど、なんだか足元が冷える・・・」という方は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

検討に値すると思います。

みなさんも快適なヒーティング・ライフを!
ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする