無料ブログサービスPosterousが2013/4/30でサービス終了。コンテンツのダウンロードはお早めに。

Posterous logo

photo credit: dolphinsdock via photopin cc

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

無料ブログサービスPosterousが、2013/4/30をもってサービス終了とのニュースが。

2013/4/30でサービス終了。コンテンツが見られなくなる

techcrunchにて報じられていました。

Posterous Will Shut Down On April 30th, Co-Founder Garry Tan Launches Posthaven To Save Your Sites – TechCrunch

ポイントは下記。

  1. サービス終了は2013年4月30日
  2. 終了後は、Posterous Spaces上でコンテンツの参照・編集は一切不可
  3. 4月30日までは、コンテンツのダウンロードが可能。

Twitterに買収されてどうなるのかと言われていましたが、本当にサービス終了してしまうとは・・・

本当に4/30からはコンテンツが一切見られなくなるようなので、利用頻度の高い人は、早めにバックアップしておくとよさそうですね。

新サービスPosthaven

PosterousのファウンダーGarry Tanが、Posterousのサービス終了に伴い、新サービスPosthavenを立ち上げるようです。

Posthaven is the safe place for all your posts forever

こちらのポイントとしては、

  1. サービスが永久に続くことを謳っている
  2. 有料で、月額5ドル

というあたりでしょうか。

Posthavenのトップページで「絶対にどこにも買収されません!」と謳っています。

TwitterによるPosterousの買収の経緯は詳しく知りませんが、やっぱりいろいろ揉めたのかなあという感じがしますね。

しかし有料となるとちょっとな・・という人も多そうです。
どうなることやら。

僕とPosterous:プライベート日記に使っていた

僕はPosterousの利用頻度は高くなかったのですが、以下の記事を読んで、私的ログというか、日記を書くのに使ったりしていました。

Momentoで美しライフログのススメ その4. 自分だけの非公開日記はPosterousからMomentoへ | No Second Life

メール投稿をメインで使っていましたが、同時にEvernoteにも送っていたので、サービス終了でも一応大丈夫。

バックアップって大事ですね。

まとめ

無料ブログサービスって気軽に使えますが、こんな風にサービスが終了してしまうと、コンテンツはウェブ上から消えてしまいます。

ブログを長く続けていくためには、やっぱりレンタルサーバと独自ドメインが安全なんでしょうね。

とはいえ絶対のものはどこにもありませんから、いろいろな面で備えは必要だなと感じました。

ではではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする