GTDベースのタスク管理ツール Doit.imを使ってみることにした。

Doitim icon

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

プライベートのタスク管理に、無料のタスク管理サービス、Doit.imを使ってみることにしました。

Doit.imとは:GTDベースのタスク管理ウェブサービス

Doit.imはOmniFocusやThingsなどと同様、GTD(Getting Things Done)の考え方に基づいたタスク管理ツールです。

Doit.im | Best Online GTD Service for Getting Things Done, Always Online, Always With You!

ライフハッカー[日本版]でも紹介されていたりします。

Google カレンダーと同期可能のGTDアプリ『Doit.im』は現時点で限りなく最強 : ライフハッカー[日本版]

プライベートのタスク管理に、どのツールを使うか迷っていたのですが、OmniFocus、Thingsと比較して、以下の理由から、Doit.imを使ってみることにしました。

良いところその1:料金が安い

いきなりこんな理由でアレですが、重要ですよね。

OmniFocusやThingsは、Mac版、iPad版、iPhone版と揃えると6,000円以上しますが、Doit.imは基本無料

とはいえ無料の範囲では機能がやや心もとないので、有料版にアップデートするとしても、月2ドルで済みます。
(ちなみに登録後一ヶ月は、有料版の機能が無料で使えます)

これなら導入のハードルは低いですね。

特に、iPhone版とiPad版アプリが無料で使えるというところがありがたいです。

Thingsなんかも、二週間無料で使えるのですが、iPhone版は有料なんですよね。

iPhoneやiPadを含めて運用したいと思っているので、このイニシャルコストの低さは魅力的です。

良いところその2:ウェブサービスでクロスプラットフォーム対応

これは一長一短あるのかなと思いますが、Doit.imはウェブサービスなので、データはDoit.imのサーバ上に置かれます。

ブラウザ版はもちろん、Mac版、iPhone版の同期も、ネットにつながりさえすれば簡単にできます。

それどころか会社のPCでも、ブラウザからアクセスすれば、タスクリストに簡単にアクセスできます。

僕は会社ではWindowsを使っているので、クロスプラットフォームで使えるところはありがたいです。

良いところその3:UIが綺麗

実はこれが自分の中ではポイントが高いのですが、比較的新しいサービスだからか、UIが今風です。

iPhone版のアプリを、OmniFocus、Thingsと比較するとこんな感じです。

OmniFocus

2013 2 24 21 34 0 002

Things
2013 2 24 21 34 22 001

Doit.im
2013 2 24 21 34 57 003

僕はOmniFocus、ThingsのiPhoneアプリは使ったことがないので、機能については比較できませんが、UI、というか見た目については、Doit.imがいまどきっぽくて好みです。

別途エントリー書こうと思ってますが、iPhone版からのタスク追加なども、かなりUIが洗練されていて、やりやすいです。

いまいちなところ:日本語化が不十分?

ところどころ、日本語が変なところがあります。

普通に使う分には、さほど問題はないですが。

日本でのユーザが増えていけば、改善されるのではないかと思います。

まとめ

今回のまとめは以下のとおりです。

  1. Doit.imは、ウェブベースのGTDタスク管理ツール
  2. 良い点:料金が安いこと、インターフェースが綺麗なことがポイント
  3. いまいちな点:日本語がちょっと不自然

まだタスクを登録し始めたところなので、これからどんどん使っていきたいと思います!

Doit.im HD 3.9.1(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Doit.im – Xu Zhe(サイズ: 11.6 MB)
全てのバージョンの評価: (184件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応