WordPressプラグインBackWPupで、SugarSyncへのデイリーバックアップを設定したので晒してみる!

11 3月

WordPress 001 20130309 191910

photo credit: Kalexanderson via photopin cc

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

プラグインBackWPupを使って、デイリーでSugarSyncにブログのバックアップをとるようにしてみました。

SugarSyncにした理由

なぜSugarSyncをバックアップ先にしたかというと、2点。

①Dropboxを使いたくなかったから

Dropboxはちょっとした資料を入れておいたり、友だちと写真の共有をしたりするのによく使っています。

容量はひっ迫していませんが、利用頻度の低いものは入れたくないのです。

WordPressのバックアップデータのファイルサイズがどのくらいになるかちょっとわからなかったので、Dropboxをバックアップ先にして、容量が圧迫されてしまうと嫌だなというのがひとつ。

②ウェブアーカイブの機能がある

これは実は設定を進めているうちに知ったのですが、SugarSyncは、端末にはデータをおかず、SugarSyncのサーバ上にだけ保存するということができます。

Dropboxの容量の話も近いですが、PCやMacに「利用頻度は低いけどファイルサイズは大きい」ものを置いておくのは嫌なので、これは結構便利だと思います。

BackWPupの設定をする

各設定は以下のとおり。

General

What the job doesのTaskは、File backupとOptimize database tablesもチェック有にしました。

Where to store the filesは、今回はSugarSync。

Sned log to email addressで、メール送信を設定しておくと、バックアップ失敗時に通知されるので便利です。

BackWPup 007 20130309 190031 2

Schedule

Schedule start setting は”with WordPress cron”(タイマーで実行する機能)を選択します。

Schedule execution timeは、実行したいタイミングを選択。

今回はデイリーで、AM3:00に設定しました。

BackWPup 001 20130309 190114

時刻は日本時刻ですが、なぜか設定直後は、違う時間に動いたりしてしまうこともあるようです。

こちらの記事を参考に、一度時間を変更→再設定という手順を踏んだところ直りました。

【WordPress】3.x アップデートで BackWPup の9時間進んだスケジュールを修正♪ | oki2a24

DB Backup

バックアップ対象のテーブルはすべてチェック。
といっても、デフォルトでそうなっているので、特に変更の必要はないと思います。

Dumpfile nameは適当でよいですね。

BackWPup 002 20130309 190157

Files

とりあえずExclude(バックアップ除外対象)にはチェックをつけないのが良いのではないかと思います。

プラグイン、テーマもすべて対象にしておきました。

とはいっても使っていないプラグインをバックアップしても意味が無いので、バックアップを設定する際に、不要なプラグインは削除するのが良いと思います。

BackWPup 003 20130309 190244
BackWPup 004 20130309 190321

Plugins

インストールしているプラグインのリストを出すかどうか、という設定です。

Filesのところでプラグインもバックアップ対象にしていればいらないのではないかと思いますが、デフォルトのままで。

BackWPup 005 20130309 190354

SugarSync

Generalで、バックアップ先をSugarSyncに設定すると、このタブが現れます。

まずは認証。
SugarSyncのメールアドレスとパスワードを入れて、”Sugarsync authenticate!”をクリック。

BackWPup 006 20130309 190549

そうするとステータスが”Authenticated!”になります。

次はSugarSync内のバックアップフォルダの設定。

SgarSync Rootはデフォルトのまま「ウェブアーカイブ」にしました。
これは同期フォルダを端末に作らず、SugarSyncサーバ上にだけデータを持っておくというもの。

バックアップから復旧する、という事態になる可能性は低いですから、各端末にコピーを作っておくほどではないかと思い、そのままにしました。

Backup settingsのFolder in rootは、適当に名前を作って入力。
SugarSync内でのフォルダ名になります。

File Deletionは、バックアップの世代数。
デフォルトだと0(古いファイルを消さない?)になり、データが増え続けることになってしまうので、適当に数字を設定します。

BackWPup 008 20130309 190845

これで設定は完了です。

テストする

設定したら必ずテストしましょう。

よっしゃーバックアップ設定したし、何があっても大丈夫だぜ!と思っていたら、実はバックアップが取れていなかった・・・

なんてことになったらがびーんです。

ジョブ一覧の画面で”Run now”をクリックすると、即バックアップが実行されます。

BackWPup 001 20130309 191004

実行するとこんな感じでステータスが表示されていき・・・

BackWPup 001 20130309 191041

問題なく終われば、このように100%になって完了します。

BackWPup 002 20130309 191108

SugarSyncのフォルダをみてみると、ちゃんとバックアップが取れていました!

BackWPup 003 20130309 191203

ここまできて、初めて「設定完了」となります。

まとめ

ブログのデータに限らず、バックアップって大事ですよね。

写真も音楽も、定期的にバックアップしないと、何かあったとき絶望してしまうでしょう。

ブログにおける、WordPressプラグインでのバックアップの魅力は、とにかく自動ですべてやってくれること

仕事ではないので、プライベートのことは、面倒だとすぐやらなくなってしまいます。

こういった「楽してできる仕組み」を、ブログ以外のところでも作っていかないといけないなあと思いました。

みなさんも素敵なRecoverable Lifeを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です