タスク管理ツールDoit.imとGoogleカレンダーを同期させる方法。ブラウザ版から設定。

21 3月

Doitim icon

こんにちは。「同期できる」と聞くとなんかテンション上がってしまいます。よしち(@yoshichiha)です。

世の中に溢れるウェブサービスやアプリケーション。

ひとつのゴールを達成するために、様々なツールが提供されており、何を使うべきなのか個々人が選択することを迫られています。

様々なツールを比較する際、利便性を測る指標のひとつは、「他サービスとどの程度同期できるか?」ということだと思います。

というわけで、最近使い始めたDoit.imというタスク管理ツールを、Googleカレンダーと同期させてみたのでご紹介。


Doit.imとは、ウェブベースのGTD式タスク管理サービスです。

以前にこんなエントリーも書いています。

GTDベースのタスク管理ツール Doit.imを使ってみることにした。

Doit.imとGoogleカレンダーを同期させる

設定はウェブブラウザ版から行います。

Doit.imにアクセスし、設定マークから「設定…」メニューを選択します。

Doitim googlecal 006 20130320 154609

「アカウント情報」を選択し、「Googleカレンダーと関連」というボタンをクリック。

なぜ上に「同期」と書いてあるのに、ボタンは「関連」という表現になっているのかは不思議ですが・・・

Doitim googlecal 003 20130320 154833

Googleカレンダー側の、アプリケーション連携許可を確認するダイアログが標準されます。

「アクセスを許可」をクリック。

Doitim googlecal 004 20130320 154945

これで設定は完了。

Googleカレンダーにタスクが反映される

Googleカレンダーに連携されることを確認してみます。

スケジュールを指定してDoit.imにタスクを登録すると・・・

Doitim googlecal 005 20130320 190533

Googleカレンダーにも反映されました!

Doitim googlecal 007 20130320 192525

タスクの締め切りなどをカレンダーにも反映できるのは便利そうですね。

iPhoneアプリからだと設定できない

Doit.imにはiPhoneアプリもあります。

iPhoneアプリにも、同期できそうなメニューがあるのですが・・・

Doitim googlecal 001 20130320 192809

タップすると、Web版からしか同期できませんよとのこと。

Doitim googlecal 002 20130320 192720

iPhoneアプリしか使っていない、という方もいるのではないかと思います。

Doit.imのiPhoneアプリは非常に洗練されているので、Web版を使わなくても同期設定ができると、なおよさそうですね。

ただし・・・削除が反映されない?

まだ設定して少し使ってみた程度なのですが、タスクの登録は、上の通りすぐに反映されてなかなかに便利。

しかしどうやら、タスクの削除については、うまく同期されないようです。

また、Web版の設定画面では、「Doit.imでタスクを完了したら、Googleカレンダーでタスクを削除する」という設定ができるのですが、こちらもうまく動いていないように見えます。

タスクの登録ができれば、最低限の利用はできると思いますが、間違って登録したときなんかは不便。

改善されるといいなあと思います。

まとめ

今回のまとめは以下のとおりです。

  1. Doit.imとGoogleカレンダーの同期設定は、Doit.imのWeb版設定画面から。
  2. iPhoneアプリでは同期設定できないので注意。
  3. タスクの削除はうまく反映されないようなので、Googleカレンダー側で削除が必要。

Googleカレンダーを使っている方は多いと思うので、同期ができるというのはなかなか便利。

削除が反映されない点は、早めに解消してほしいところです。

まだ新しいサービスで、これから改善されていくところも多いと思うので、期待して待とうと思います。

ではではみなさんも素敵なTask Managing Lifeを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です