びよらの肩当てを新調した! ニーズがない開封の儀(笑)!

Viola 006 20130330 013930 2

こんにちは。びよりすとのよしち(@yoshichiha)です。

びよら(ヴィオラ)の肩当てを新調しました!

きっと日本初だと思いますが、開封の儀を・・・!(笑)いきなりびよらといってもよくわからないと思うので、写真を載せましょう。

こういう楽器です。

Viola 010 20130330 014032

「あ、バイオリンだ」と思った方、いいえ違います。ヴィオラです。

ヴィオラ – Wikipedia

バイオリンより一回り大きいですが、バイオリンと同じように肩に載せて弾きます。

まあ詳しいご紹介はまた今度にすることにして、いろいろすっ飛ばして肩当ての開封の儀を行います!

開封の儀

今回購入したのはこちら、KUNのオリジナル。

外箱。

Viola 001 20130330 013516

中にはこのように肩当てが部品に分かれて入っています。

Viola 002 20130330 013558

びよらに固定する部分。
ネジを回して肩当て本体に固定します。

高さ調節もこのネジの高さで行います。

Viola 003 20130330 013636

横幅の調節は、ネジをセットするパーツがスライドできるようになっているので、そこで調整します。

僕は特に変更なくデフォルト通りで。

Viola 005 20130330 013722

実際に楽器にセットするとこんな感じ。

楽器に触れる部分は固いゴムなので、当然ながら楽器が傷つくことはありません。

Viola 007 20130330 013948

構えると、こんな感じの視界です。

Viola 006 20130330 013930 2

新調した理由

今の楽器を購入してから約9年、ずっと最初に買ったものを使い続けていたのですが、さすがに最近ガタがきていました。

Viola 012 20130330 014124

特に楽器に固定する部分が消耗してこんな感じになっています。
ちょっとしたグロ画像・・・

Viola 011 20130330 014102

やっぱり大事な楽器ですから、ちゃんとメンテして、消耗品は換えていかないといけないですね。

というわけで、肩当てを新調したご紹介でした!

みなさんも素敵なViola Lifeを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする