「このマンガがすごい!2013」の1位になった『テラフォーマーズ』がKindle版で登場!

テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

こんにちは。マンガ大好き、よしち(@yoshichiha)です。

最近お気に入りのマンガ、『テラフォーマーズ』がKindleストアに登場しました!


このマンガがすごい!2013のオトコ編1位になった『テラフォーマーズ』

『テラフォーマーズ』は、週刊ヤングジャンプで連載されている、貴家悠(さすが・ゆう)作、橘賢一(たちばな・けんいち)画の漫画作品です。

宝島社のマンガ紹介本、この漫画がすごい!2013のオトコ編一位にもなっています。

電車の中吊りなんかにも広告が出ていたので、見たことのある方も多いと思います。

どんなマンガかというと、これがなかなかぶっ飛んでいて、一言で言うと火星でマッチョに進化したゴキブリと戦うバトル漫画です。

細かくはあとで触れますが、そんなぶっ飛んだ設定が魅力の一つ。

『テラフォーマーズ』のKindle版が登場!

というわけでその『テラフォーマーズ』のKindle版が購入可能となっています。

ちょうど「このマンガがすごい!」が発表された頃から、読んでみたいなーとは思っていたのですが、その頃はKindle版はありませんでした。

できることなら、新しく買うシリーズ物は、Kindle版にしたいなーと思っていたのですが、なかなか電子化される雰囲気はなく・・・
仕方なく普通にコミックスを買いました。

なーんて思っていたらKindle版の登場です。オゥフ・・・

今後出る巻をKindleで買うか、コミックスで買うかはちょっと悩みどころ。

ちょうど4/19にKindle化されたばかりのようで、Amazonの「コミック」ジャンル、Kindleの「成年コミック」ジャンルで、ランキング1位から3位までを独占しています。

なかなかの人気ですね!

『テラフォーマーズ』のおもしろさ

一言で言うと、「王道少年バトルマンガの容赦無い版」という感じでしょうか。

何がおもしろいかというと、やっぱりまずそのぶっ飛んだ設定だと思います。

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」
西暦2599年──。火星のテラフォーミングが進行し、その地表は一面の苔とある生物で覆われていた。そして、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?

(Amazonの作品紹介より)

戦う相手が進化したゴキブリというあたりがまず目を引きます。

ただそういった、異端的なものだけでなく、バトル漫画として王道も押さえています。

主人公たちは、ゴキブリに対抗するために改造手術を施され、様々な生き物の特殊能力がその身体に取り込まれています。

雀蜂の体力と毒針、蟻の筋力、電気ウナギの放電能力などなど、能力はそれぞれ異なりますが、この「ひとりひとつの特殊能力」というあたり、オトコ向けバトルマンガの王道ですね。

こうやって、昆虫やゴキブリに関する雑学が増えていくわけです。

さらにはメンバー間の強さの序列が「MARSランキング」として付与され、「あいつはあいつよりランキングが上なのか!」「ランキングXX位のこの人がこんなところでやられちゃうのか!?」みたいな盛り上がりも。

なんだかんだ言って「オトコのコ」的なところをがっつり掴まれていて、歳をとっても変わらない自分を再確認しました^^;

とはいっても少年誌的な「なんだかんだ言ってハッピーエンド」な気配はあまりなく、登場人物もがんがんやられてしまいます。
まだまだ連載中ですが、この先どうなるのか展開がめっちゃ気になります。

まとめ

「容赦無さ」は結構なもので、描写はそれなりにショッキングな部分もあり、好き嫌いはわかれると思いますが、自分がそうだったように、昔からマンガをよく読む男性にはオススメです。

4巻まで刊行されているのですが、Kindle版になっているのは4/21時点では3巻まで。
今後4巻以降も電子化されるでしょう。

気になるな〜という方は、ぜひポチってみてください。

ではではみなさんも素敵なComic Lifeを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする