習慣を「やめる」勇気

23 4月

Habits 20130423

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

最近、1月からずっと続けてきて、習慣化してきた、腹筋をやるのをやめました。

習慣化した腹筋をやめて、クランチをやることにした

DECOLE/デコレ・humania/ヒューマニア腹筋・スマートフォンスタンドbk

マッチョになりたいわけではないのですが、毎日筋トレをやっています。

腹筋はこれまで、普通の上体起こし(いわゆるSitup)をやっていたのですが、最近やめました。

その代わりに、ツイストクランチというのを始めました。
こんな感じの運動です。

動画を見るとわかりますが、身体のひねりを加えることで、お腹の側面(斜腹筋?)を鍛えることができます。

この運動を始めた目的は、そのまんまで、脇腹の贅肉をなくすためです。

本当は有酸素運動をするのが一番なのだと思いますが、なかなか平日にまとまった時間が取れないので、家で帰宅後にできる運動でがんばってみることにしました。

習慣化したことをやめるということ

というわけでLiftに新しく「Crunch」という習慣を登録し、記録し始めました。

で、もともと登録していた「Situp」は、やるのをやめました。

感じたのは、一度習慣になったことをやめるのって、結構エネルギーがいるというか、はじめちょっと困惑するということ。

まあそれこそ「これまで続けてきたのだから、連続を途切らせたくない」というのが継続のサイクルをまわすためのモチベーションのひとつなので、継続化したことをやめるというのはその真逆です。
違和感があるのは当たり前かもしれません。

なので実は、なんとなくやめてしまうのが嫌で、最初は普通の腹筋も、10回くらいやったりもしていました。

でも、本当に大切なのって、目的ですよね。

もともとは「運動を継続して、良い習慣を身につけるためのきっかけとする」というのが、自分にとっての筋トレの目的だったので、続けることそのものにフォーカスするのも意味がありました。

ただ、筋トレ自体が習慣として身についてきて、自分の中での目的が変わってきたわけです。
(わき腹の贅肉を…とかいうのもちょっと恥ずかしいですが^_^;)

目的が変わっているのに、古い習慣を惰性で続けるのは意味がないなあと。

そんなわけで、それなりに継続日数があった腹筋も、思い切ってやるのをやめました。

まとめ

なまじ長く続けていると、なんのためにそれをやっているのか?という意識が薄れてしまいます。

筋トレもしかり、ブログもしかり。

僕は目的や目標を管理してトップダウンで考えるのがとても苦手です。

順番は逆になってしまいますが、こういった些細なことから意識づけていきたいなあと思いました。

ちょっとしたことですが、改めて目的意識の概念を実感できてよかったです。

みなさんも素敵なAchieving Lifeを!

Lift™ 1.6(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
販売元: Lift Worldwide – Lift Worldwide, Inc.(サイズ: 3.8 MB)
全てのバージョンの評価: (12件の評価)

Streaks – Motivational Calendar 3.3.3(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Fanzter, Inc. – Fanzter, Inc.(サイズ: 7.7 MB)
全てのバージョンの評価: (363件の評価)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です