iPhoneホームボタンをトリプルクリックで設定できる4つの機能

Homebutton 001 20130514 225330

photo credit: yum9me via photopin cc

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

先日、iPhoneのVoiceOver機能を使ってKindleの電子書籍の読み上げを試してみました。

VoiceOverのオンオフは、iPhoneの設定アプリにあり、ホームボタンのトリプルクリックでも切り替えができるのですが、同じくトリプルクリックで設定できる機能が他にもいくつかありました。

特に新しい話ではないですが、これまであまり使ったことがなかったので、紹介してみようと思います。

ホームボタントリプルクリックで設定できるアクセシビリティの機能

ホームボタンのトリプルクリックで設定できるのは、以下の4つの機能です。

  • VoiceOver
  • 色を反転
  • ズーム機能
  • AssistiveTouch

3clicks 001 20130515 230602

どれもアクセシビリティサポートのための機能となっています。

個別に紹介します。

VoiceOver

VoiceOverは、先日の記事でも書きましたが、iPhoneの画面に表示されている文字などを音声で読み上げてくれる機能です。

オンにした状態でアプリアイコンをタップすると、名前が音声で読み上げられます。

また、アプリ内のメニューなどの文字も読み上げられます。

3clicks 002 20130515 230608 2 3clicks 003 20130515 230612 2

通常のモードと操作が少し異なっており、ボタンやメニューをタップすると、まず名前が読み上げられます。

その上で実際にそのメニュー、ボタンを選択するには、ダブルタップすることが必要になります。

名前の読み上げというステップが入るので、少し操作の流れが変わります。

どう操作すればいいかも、音声読み上げで教えてくれます。

色を反転

iPhoneのディスプレイの色を反転させることができます。

こんな感じに表示されます。

3click 001 20130515 231808

たぶん、各色の補色が表示されている状態でしょうか。

ちなみに、あくまでディスプレイ上の表示を変えているだけなので、色を変えた状態でスクリーンショットを撮っても、色は変わっていません。
(上の写真は、普通に別カメラで撮りました)

ズーム機能

ディスプレイに表示されている中の一部分をズームさせることができます。

ホーム画面で有効にすると、アイコンがぐっと大きく表示されます。

また、各アプリ内でも有効です。

3click 001 20130515 232555 3click 002 20130515 232626

こちらも、ディスプレイ上の見せ方を変えているだけだからか、スクリーンショットは撮れません。

AssistiveTouch

みたことがある方もいるのではないかと思いますが、ホームボタンなどの物理的なボタンを使わずに各種操作ができる機能です。

有効にすると、画面上に小さな白丸が表示されるようになり、タップすると、ホームボタン、音量調整、スクリーンショットなど、物理ボタンを使わないとできないことを、タッチインターフェイスで実施することができます。

3click 003 20130515 232520 3clicks 008 20130515 230635

ホームボタンの効きが悪くなったときに、代替として使うこともできます。
(友達が実際にGenious Barで設定してもらっていました)

まとめ

ということで、ホームボタンのトリプルクリックで設定できるアクセシビリティサポート機能のご紹介でした。

普段あまり使いませんが、iPhoneにはアクセシビリティに関して、想像以上に豊富なサポート機能があって驚きます。
(実際に「足りる」ものであるのかどうかはわかりませんが・・・)

ホームボタンのトリプルクリックで設定できるもの以外にも、様々な機能があって、改めてみてみると結構面白いです。

いつも使っているiPhoneの知られざる一面。
まだまだいっぱいありそうでなんだか楽しいです。

ではではみなさんも素敵なiPhone Lifeを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする