マネーフォワードで支出・収入分類の項目を編集する方法

Moneyforward 001 20130617 221236

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

メイン家計簿として使い始めたマネーフォワード(MoneyForward)。

超柔軟!とはいきませんが、収支の分類を変更することができるので、やり方をご紹介。

支出/収入の「中項目」を追加できる

家計簿をつけたら、特に支出については、分類して、何にどのくらいお金を使ったのか確認したくなるものです。

マネーフォワードの家計簿機能にも、一部、収支の分類項目を変更する機能があります。

やり方は簡単です。

ウェブ版のマネーフォワードにログインし、メニューから「家計」を選択します。

Moneyforward 001 20130617 221954

ページを一番下までスクロールし、「中項目の追加」をクリックします。

Moneyforward 002 20130617 222128

「項目の追加と編集」画面に遷移するので、中項目を変更したい大項目(ややこしいですね…)を選びます。

大項目にフォーカスを当てると、中項目の追加メニューが表示され、新しい項目のを追加することができます。

Moneyforward 003 20130617 222235

追加した項目は、iPhoneアプリの手入力での分類画面にも反映されるようになります。

Moneyforward 001 20130617 221719

項目が変更できるのはありがたいですが、制約も結構多いです。例えば以下の通り。

  • 変更できるのは中項目のみで、大項目は変えられない
  • 変更ができるのはウェブ版からのみ
  • 中項目も、新規追加と、追加した項目の削除はできるが、もともとある項目は削除できない

そもそも大項目が変更できないので、自分の思い通りに項目を分類する、というのは難しいと思います。

僕はよく自販機でジュースを買うのですが、iPhoneのマネーフォワードアプリに入力する際に、分類を「食費」の「その他食費」にして、説明に「ジュース」と手入力する・・・というのが面倒だったので、いっそ分類項目に加えてしまおうということで上のような追加の設定をしました。

そもそも大項目の分類が個人的にはなんとなくしっくりこないので、いまはあまり細かく管理しないことにしています。

ReceRecoなど他サービスとの連携が始まったら、また改善されるかもしれませんね。

まとめ

ということで必ずしも柔軟というわけではなく、不便なところもまだありますが、そもそも、この分類項目の追加も以前はできなかったので、全体としては、着実に機能が充実してきていると思います。

今後のバージョンアップでいろいろと機能がパワーアップすることを期待しています!

ではでは!

無料家計簿 – 家計簿アプリ・資産管理も充実|マネーフォワード

無料家計簿-マネーフォワード 2.0(無料)App
カテゴリ: ファイナンス, ユーティリティ
販売元: Money Forward, Inc. – Money Forward, k.k.(サイズ: 6.9 MB)
全てのバージョンの評価: (202件の評価)