HSP(High Sensitive Person)診断テストをしてみた。案外自分の認識と違う?(※現在リンク切れ)

24 6月

Hsp 001 20130623 210809

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

ウェブ上で無料で受けられるHSP(High Sensitive Person)診断というテストをやってみました。

※2015/6/23追記 現在リンク切れでウェブ上でのテストは受けられないようです。

ウェブ上で受けられる無料の診断テスト

HSPというのはHigh Sensitive Personの略で、対人関係や、日常のなんということのないものに敏感に反応してしまう性質のことらしいです。

勝間和代さんのメールマガジンで紹介されていて知りました。

詳しくは以下のページに説明があります。

繊細すぎて生きづらい人々: 繊細すぎて生きづらいあなたへ

対人恐怖や緊張、人見知りでなやんでらっしゃる方の中には、元々「自分の性格が敏感すぎて生きづらかった。」とおっしゃる方が多いものです。

こういった繊細な神経を遺伝的にお持ちの方は、5人に1人くらいの割合で存在していて、アメリカの心理学者エレイン・N.アーロン博士はその著書の中で、こういった人々をHSP(Highly Sensitive Person)と名づけました。

HSP(Highly Sensitive Person)
 つまり「過度に敏感過ぎる人」ということです。

このHSPの度合いを診断できるテストを無料で受けることができるので、やってみました。

2015/6/23追記 現在ページが存在しておらず残念ながら受診ができません・・・

こちらのページから開始することができます。

繊細すぎて生きづらい!HSP診断

若干わかりづらいですが、画面なかばの「スタート!」というメニューをクリックするとテストが始まります。

Hsp 001 20130622 082901

テストは20問ほどのyes/no形式で、5分もかからずに終わります。

もちろんスマートフォンからでも受けられます。

結果

僕の結果はこんな感じでした。

Hsp 002 20130622 082930

100点満点中の40点ということで、それほど繊細でもない、ということでしょうか。

においやちょっとした音なんかが気になってしまうことが結構多いので、自分としては、点数はもっと高くなるだろうと思っていたのですが、そうでもありませんでした。

やっぱり自分についての評価はバイアスがかかっているのかもしれませんね。
客観的な指標でみるとよくわかります。

もっとも、点数自体は高くなくても、一部の性質が非常に繊細であるということはありうるようなので、単純に点数だけで判断してしまうというのもあまりよくないみたいです。

あくまでご参考ということで。

まとめ

ということでちょっとした自己診断テストのご紹介でした。

もとのサイトや、勝間和代さんのメールマガジンにもありましたが、HSP度が高い(とっても繊細すぎる!)という結果が出ても、それが単純に悪いというわけではないようです。

繊細であることを強みとして活かしていきましょう、というのがポイントです。

まあどちらにせよ、そこまで考えずに、「ふぅーん」という気持ちで受けてみるのでもよいと思います。

案外、自分が思っているのとは異なる自分の姿が見えてくるかもしれません。

ちょっと盛り過ぎかな?

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です