ブログの高速化のために、WordPressプラグインHead Cleanerで通信データを圧縮してみた

Worepress eyecatch 001 20130316 221518

photo credit: Peregrino Will Reign via photopin cc

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

ブログのレスポンス高速化のために、WordPressプラグインHead Cleanerを使って、通信データを圧縮する設定をしてみました。

Head CleanerでJSとCSSを圧縮する

Head Cleanerはサーバとクライアント(ユーザのPC)間での通信データを整理し、JavaScriptやCSSファイルの最適化をしてくれるプラグインです。

詳細な説明は以下の記事に詳しく書かれています。

WordPressプラグイン Head Cleanerを導入したので設定について簡単に解説する | 77 Dogs Blog

プラグインはWordPressの管理メニューから検索・インストール可能です。

有効化し、設定画面を見ると、以下のようになっているのですが、左上の「CSSとJavaScriptoを、サーバ上にキャッシュする」のチェックをオンにすると、さらに詳細な設定が表示されます。

Compression 001 20130707 100457

今回は、以下のように設定を入れてみました。

Compression 001 20130707 100212

「CSS,JSを動的生成する」というのが、圧縮のために必要なチェックのようです。

その他にも、CSS、JavaScriptを軽くするために、いくつかチェックを入れてみました。
(どの程度効果があるのかはわかりませんが・・・)

設定後、実際に圧縮されているかどうかは、Google先生に確認してもらいます。

PageSpeed Insights — Google Developers

自分のサイトのURLを入れると、パフォーマンスに関する各種情報を確認することができます。

プラグインを有効化した後の評価はこんな感じ。

Compression 001 20130707 101839

「Mediumかよ」って感じですが、一応、対応前は、Highだったんです。

詳細はこちら。

Compression 1 20130707 102033

プラグイン適用前のスクリーンショットを撮らなかったのでわかりづらいですが、一応、結構指摘事項は減っています。

まとめ

あまり、劇的に速くなった!という感じではないのですが、一応、仕組みがわかりやすいところから、ちょっとずつ改善していこうかなあとは思っています。

本当はキャッシュ系のプラグインで、もろもろ一括で設定できたりもするらしいのですが、入れてみたらブログのレイアウトが崩れてしまったりしたので、うーんという感じです。

テーマ自体も変えたほうがいいのかなあ・・・

いろいろやってみようと思います。

ではでは!

DbqbP6u2VxPYYZWEQze7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする