ウェブ漫画『ワンパンマン』を読むのにGoogle Chrome拡張機能AutoPatchWorkが便利すぎて困る

ワンパンマン コミック 1-3巻セット (ジャンプコミックス)

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

最近お気に入りのマンガ『ワンパンマン』の原作ウェブコミックを読んでみたのですが、かなり面白いです。

そしてGoogle Chromeの拡張機能AutoPatchWorkが便利すぎて危険でした。

ウェブ漫画『ワンパンマン』

先日仕事帰りに本屋で購入したこちらのマンガ。

『アイシールド21』の作画担当、村田雄介さんが作画をしているのが話題になっていて、以前から気になっていたのですが、満を持して買ってみました。

どんな敵もワンパンチで倒してしまうという無敵の強さを持つものの、いまいち人気ヒーローとなれない主人公サイタマと、正義の組織「ヒーロー協会」に属するたくさんのヒーローたちが、様々な怪人たちと戦っていくというストーリー。

シュールと王道の狭間を行ったり来たりする、一風変わったヒーローマンガです。

ウェブコミック「となりのヤングジャンプ」で連載されています。

となりのヤングジャンプ : ワンパンマン

この『ワンパンマン』、原作はONEさんによるもので、ウェブ上に連載(公開)されており、フリーで読むことができます。

原作は「となりのヤングジャンプ」に掲載されているよりもだいぶ先まであります。

ワンパンマン

これがまた面白い。

そして、Macで読んだのですが、Google Chromeの拡張機能AutoPatchWorkが便利すぎて危険でした。

Chrome拡張機能AutoPatchWorkとの相性が良すぎてやめられない

AutoPatchWorkは、ウェブサイト閲覧時に、次のページをスクロールで自動読み込みしてくれる便利な拡張機能です。

Chrome ウェブストア – AutoPatchWork

こちらの記事で紹介されているのを見て、以前に導入しました。

AutoPatchWork – 分割してるページの続きが出てくるメチャ便利なGoogle Chrome拡張機能 | 和洋風KAI

この拡張機能、ウェブマンガを読むときにかなり役に立ちます。

インストールさえすれば設定などは特にいりません。

『ワンパンマン』は、一話ごとにページが分かれているのですが、ページの最後にくると、次のページ(つまり、次の話)を自動で読み込んでくれるのです。

Webcomics 001 20130709 232240

これがめちゃくちゃ便利。
何もしなくても次の話が表示されますからね。

というか便利すぎてなかなか読むのをやめられず、結局夜更かしして現在公開されている分を全部読み終えてしまいました・・・危険です。

まとめ

『ワンパンマン』に限らず、最近はウェブ上に公開されるマンガが増えてきているので、そういった作品を読む際に、AutoPatchWorkはかなり役に立ちそうです。

面白いマンガがネットで無料で読めるというのは嬉しいですね。

いい時代になったものです。

ではでは!