ごちゃごちゃしたケーブルは根元と先でまとめるとちょっと楽になる

Cable 001 20130728 183058

photo credit: Leo Uehara via photopin cc

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

iPhoneやらiPadやらガジェットがたくさんあると、ちょっと気を抜いた隙に、充電ケーブルがこんがらがってしまいます。

以前からやっているのですが、そんなときはとりあえず根元と先でケーブルをまとめてみると絡まりにくいです。

充電ケーブルをまとめる

我が家にある充電ケーブルはざっくり以下の通りです。

  • iPad用
  • 会社携帯(ガラケー)用
  • WiMAXモバイルルータ用
  • モバイルバッテリー用
  • iPhone用(奥さんの分も含めて2台)

このうちiPhoneは毎晩必ず充電するので固定の位置をキープしているのですが、それ以外のものは当然、ガジェットの電池が減ったら使う、という感じです。

で、同じあたりに一緒くたにおいておくと、だいたいこんな感じになります。

Codes 004 20130728 175417

コンセントに挿すほうと、ガジェットにつなぐ部分を抜き出すだけでも一苦労です。

これを、例えばこんな道具でまとめると楽ちん。

ちなみに我が家で使っているのはこれではないですが、まあなんでもいいと思います。

こんな感じで、充電プラグ側とガジェットに接続する側の2箇所をとめます。

Codes 002 20130728 175102

一本の大きなケーブルにまとめる感じ。
これだけで、だいぶスッキリします。

Codes 001 20130728 175014

これで、プラグ側をコンセントの近くにおいておけば、必要なときにさっと充電することができます。

Codes 005 20130728 175456

まとめ

プラグ側とガジェット側、2箇所まとめるのが個人的にはポイントかなと思いました。

やりやすい方法はいろいろあるかと思いますが、ケーブルがごちゃごちゃしてしまっていらいらする!という方は、試してみてはいかがでしょうか。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする