iPad用にロジクールの「ウルトラスリム キーボードカバー」を買った!

29 7月

Ipad 006 20130728 181046

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

いまさらながらiPad用のキーボードカバーを購入

時代はminiということはわかっているのですが・・・Retinaになるまでは我慢ということで、まだまだ第3世代のiPadを使っています。

以前から気になっていたのですが、そうそう使う機会はないだろうと思い、買わずにいたロジクールのワイヤレスキーボードを、いろいろ考えて、思いきって購入しました!

開封の義

こちらがパッケージ。今回はAmazonで購入しました。
さすがにこの写真ではわからないですが、結構薄いです。

Ipad 001 20130728 180600

上部のフタを開けると、ぴょんと矢印マークが。

Ipad 002 20130728 180728

こちらをずずずと引っ張り出すと、簡単に箱から取り出すことができます。

Ipad 003 20130728 180742

箱から引き出すとこんな感じです。
アップル製品と同じように、最小限の梱包を意識したパッケージングという感じですね。

Ipad 004 20130728 180754

入っているのは以下の通りです。
キーボードカバー本体と、充電のためのケーブル(microUSBのようです)、クロス、そして説明書と保証書が入っています。

Ipad 005 20130728 180902

カバーを取った本体がこちら。
プラスチック製ではありますが、それなりに高級感があります。

Ipad 006 20130728 181046

サイドに電源スイッチと、Bluetoothペアリングのためのボタンがついています。

Ipad 013 20130728 181826

裏はシンプルなシルバー。
ロジクールのロゴだけがさりげなく入っています。

Ipad 007 20130728 181106

iPadをセッティング

実際にiPadをセットしてみました。
なかなかいい感じです!

ちなみにBluetoothのペアリングは一瞬で終わりました。はやっ!

Ipad 008 20130728 181304

このように、キーボードにある溝にiPadをさしこむようなかたちです。

角度は決まっているので、人によっては、あるいはキーボードを置く場所によっては違和感があるかもしれませんが、そのあたりはもう少し使ってみて確認します。

Ipad 010 20130728 181358

マグネットで固定されているのですが、磁力はそれなりにしっかりしていて、普通に持ち上げたくらいだとキーボードは外れません。

Ipad 012 20130728 181536

カバーにしたときの厚みはこれくらい。
左にあるのはiPhone4Sです。結構厚い。

Ipad 017 20130728 184552

また、重量もそれなりにあります。
厚みと重量があるので、正直、結構ずっしり感があります。

シェルカバーをつけたままでもいけた

普段iPadにつけているシェルカバーをつけたままで、キーボードにセッティングしてみました。

カバーなしのときに比べると、かっちりはまる感はないですが、問題なく取り付けることができました。

Ipad 014 20130728 182524

そっと持ち上げると、キーボードもついてきます。

Ipad 015 20130728 182546

さすがにカバーなしのときとは違って、少し勢いをつけて持ち上げると、キーボードが外れてしまいますが、机の上に置いて使ったりする分には、特に問題はなさそうです。

まとめ

このエントリーも、一部iPadとキーボードを使って書いてみましたが、文字を打つにはかなり便利です。

ソフトウェアキーボードとは比べものになりません。
これなら、iPadからブログを更新したり、Evernoteにメモを取ったりというのも楽にできそうです。

これからどんどん使っていきたいと思います!

ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です