Amazonのプライム会員アカウントは、使っていないならキャンセル・返金ができる

Amazon 001 20130828 234133

photo credit: Chris.Gray via photopin cc

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

Amazonのプライムアカウントについてのお話です。
結構知らないことが多くて驚きました。

プライム会員は特典を使っていなければキャンセル可能&返金される

僕はAmazonのプライム会員に登録しているのですが、お急ぎ便などをいつも便利に使っているというわけでもなく、昔無料でプライムサービスが使えたキャンペーンかなにかのあとに、惰性で登録したままというのが実際のところでした。

こちらの記事を読んで、改めてプライム会員サービスって必要なのか?と考えたりしつつ、Amazonのアカウント情報のページを眺めていました。

【まとめ】Amazonプライムが実質0円!登録しない理由が無い!Kindleオーナーライブラリ開始!疑問点などまとめ | ひとぅブログ

で、見ていたら、プライム会員アカウントは、特典を使っていなければキャンセルができ、さらには返金もされるとのこと。

返金までするというのはなかなかすごいですね。

やり方は以下の通りです。

まずはAmazonにログインした状態で「アカウントサービス」のメニューをクリック。

Amazon 002 20130828 233241

「Amazonプライム会員情報を管理する」を選択。

Amazon 001 20130828 232833

そうすると自分のプライム会員サービスの有効期限などが表示されます。

プライムサービスをキャンセルする場合は
「会員登録をキャンセルする」のボタンをクリックします。

Amazon 003 20130828 233305

キャンセルは特に制約なくできますが、当然ながら返金があるのはプライム会員サービスの特典を利用したことがない場合のみです。

残念ながら僕の場合は、すでに特典を利用しているとのことで、返金は不可とのことでした。

Amazon 004 20130828 233109

まあ普通にお急ぎ便とか使ってますからね。
必ずしも必要というわけではないのですが・・・今後どうするかは検討しようと思います。

プライムを自動更新させないようにすることもできる

キャンセルしても返金がないのならば、プライム会員は継続したほうが当然得です。

しかしそうするとまた気付かないうちにプライム会員が自動更新されてしまいます。

それが嫌だという場合は、自動更新をオフにするということが可能です。

先ほどのプライム会員情報のページから、プライム会員を「自動更新しない」のボタンをクリックします。

Amazon 001 20130828 233604

そうすると以下のように確認ダイアログが出てきます。
問題なければ、「自動更新機能をOFFにする」をクリックすればOK。

Amazon 001 20130828 234014

最後に

Amazonだけでなくいろんなウェブサービスを使っていますが、有料サービスの管理って正直適当になりがちです。

ほとんど使わないようなサービスにお金を払うのはもったいないですから(ちゃんと最初に吟味しろという話ですが・・・)、サービスの利用頻度とコストをちゃんと確認しておきたいですね。

そういうのが一元管理できるウェブサービスとかあったら便利だと思うのですが・・・そのサービスの有料アカウントとか出てくるとまたややこしそうですね^^;

当たり前の話ですが、ちゃんとひとつひとつ自分に必要かどうか確認して使うべきですね。気をつけます。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする