[iPhone]LTEが入りづらいときは、機内モードのオン・オフがやっぱり有効

24 10月

Iphone 001 20131023 225857

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

「やり直しのきかない人生はないんだ!」と金田一少年も雪夜叉伝説のときに言ってましたが、iPhoneの電波が悪いときは、機内モードを使って、ネットワークへの接続をやり直すのがいいと思います。

電波のつかみが悪いときは、通信をリセット

ごくたまにではあるのですが、iPhone 5sの電波の接続状態が悪く、LTEをつかめないときがあったりします。

Iphone 001 20131023 224844

こんなときは、通知センターから設定ができる「機内モード」を使って、電波状態をリセットすると解消されます。

やり方は簡単です。

まず、コントロールセンターを開き、機内モードのマーク(飛行機のアイコン)をタップします。

画面左上の電波アンテナとキャリア名が表示されなくなり、かわりに機内モードの飛行機マークだけが表示されます。

Iphone 003 20131023 224853

これで機内モードがオンになり、いったん、Wi-FiやBluetoothを含めた、すべての通信が遮断されます。
ほとんど時間はかかりません。

通信が切れたのを確認したら、今度は機内モードをオフに戻し、通信ができるようにします。

Iphone 004 20131023 224901

これで、iPhoneが改めて電波を取得しにいき、LTEエリアであれば、ちゃんとLTEの電波をつかみ直してくれます。

Iphone 005 20131023 224910

簡単ですね。

さいごに

機内モードを使ったネットワークリセットは、以前からあるそれなりに有名なTipsです。

切り替えは、設定アプリからも可能ですが、iOS7になって、コントロールセンターが追加されたことで、より簡単にリセットできるようになったのがポイントですね。

iPhone 5sは、ハード的にも性能が向上しているのでしょう、実際にはLTEがつながらなくなることはほとんどないように思いますが、あれ?というときにさっと使えると結構便利だと思います。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です