iPhoneを2回充電できるくらいのモバイルバッテリーを比較して、cheero power plus 2 miniを買いました!

cheero Power Plus 2 mini 6000mAh (イエロー)

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

cheerのpower plus 2 miniというモバイルバッテリーをAmazonでポチりました!

モバイルバッテリーを新調!

iPhone 5sの前に使っていた4sは、ちょうど2年使っていたこともあり、バッテリーのもちはあまり良くはなく、平日でも一日もたないことがしばしばでした。

なので当然ながらモバイルバッテリー携帯は必須。
使っていたのはこちらの、PanasonicのQEPL201でした。

特に不満もなく満足して使っていたのですが、こちらは変わらずiPhone 4sを使っていて、最近よく電池が切れて困っている(と僕はにらんでいる)奥さんに贈呈し、僕はモバイルバッテリーを新調することにしました:)

購入のポイントは以下のとおり。

  • 充電するのは主に自分のiPhoneのみ
  • (当たり前ですが)毎日鞄に入れて持ち運ぶ
  • もしかしたら、いずれiPad miniなんかも充電するかも・・・?

iPhone 5sは、さすがに新しいハードなので電池のもちもこれまで使っていた4sに比べると良いですし、持ち歩くガジェットで充電がこまめに必要なものは他にないので、容量はそこそこで、持ち運びやすいものを意識しました。

比較対象

比較対象は以下の4つ。

  • cheero power plus 2 mini
  • ANKER Astro M1
  • QE-PL202
  • cheero Grip2

手っ取り早く比較表はこちら。
赤字部分は比較優位なところです。
(素材は、好みですが・・・)

cheero power plus 2 mini ANKER Astro M1 QE-PL202 cheero Grip2
容量 6000mAh 5200mAh 5400mAh 5200mAh
サイズ 99 × 46 × 22mm 92 × 45 × 22mm 63 × 70 × 24mm 99 × 46 × 25mm
重量 160g 126g 150g 126g
出力 2.1A × 1 1A × 1 1.5A(2ポート計) 1A × 1
素材 アルミニウム プラスチック プラスチック プラスチック
ライト あり あり なし あり
Amazon価格 2,550円 1,800円(※) 2,300円 1,980円

Amazon価格は2013/11/4現在のものです。
ANKER Astro M1は、もともとの表記価格は5,800円ですが、ディスカウントされて1,800円でした。

今回はcheero power plus 2 miniを選んだわけですが、ポイントはふたつで、アルミニウム製の質感と、タブレットも充電しやすい2.1A出力です。

バッテリー容量はまあ、用途的には6000も5200もそれほど大きく変わらないのですが、2.1A出力でiPadやiPad miniに充電しやすいというのはよさそうです。

あとは質感。先日買ったJot Pro Damperingなんかもそうですが、金属の質感がリッチな感じでいいんですよね。

その他の製品についていうと、QEPL202は、出力ポートが2口あるのがポイントで、前モデルのQEPL201でも、片方でiPhone、片方でモバイルルータという充電が可能でしたが、iPhone 5sのテザリングを使い始めて、モバイルルータは運用をやめたので、今回は特にメリットになりませんでした。

cheero Grip2とANKER Astro M1は、ほとんど同スペックといってよさそうですね。
あとは見た目などの好みでしょう。

さいごに

どの製品もAmazonでは結構人気で、値段なんかも見ると本当に「甲乙つけがたい」という感じです。

やっぱり、自分がどんなふうにそれを使いたいのか、ということをしっかり考えることが大事ですね。

参考になれば幸いです。

cheero power plus 2 mini、届いたらまたレビューしてみたいと思います。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする