ボール型360×360カメラで撮った写真が見られるiPhoneアプリpanonoがすごく面白い!

Panono 004 20131117 185330

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

panonoという一風変わったカメラで撮った写真が見られるiOSアプリが面白くて驚いたのでご紹介します!

panono:全方位を撮影するボール型カメラ

ギズモードで紹介されていた、panonoという、ボール型で全方位を撮影できるカメラ。

360°? いいえ、360°×360°! 投げて撮るカメラが製品化(動画あり) : ギズモード・ジャパン

上に放り投げると、一番高いところに上がったタイミングでシャッターが切られ、全方位の写真が撮れるという面白い製品です。

Panono – Panoramic Ball Camera

現在クラウドファンディングで資金を集めているところだそうです。

ギズモードの記事を見たときは、「おー、おもしろそう」くらいだったのですが、実際にそのpanonoで撮った写真が見られるiPhoneアプリをダウンロードして使ってみたところ、結構新鮮な体験ができて驚きました!

Panono 1.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
販売元: Panono GmbH – Panono GmbH(サイズ: 0.7 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

まだカメラ自体が製品化していないので、panonoの開発チームが取った写真がサンプルでいくつか見られるのみなのですが、それでも結構面白いです。

Panono 001 20131117 184829

渋谷のスクランブル交差点の写真なのですが、iPhoneを傾けると、まるで自分がpanonoカメラの位置にいるように、全方位を見ることができるのです。

これは正面?を向いたときのスクリーンショットですが、

Panono 002 20131117 184833

iPhoneを下に向けると、panonoを投げたスタッフさんが見えます。

Panono 003 20131117 184838

iPhoneを上に向けると、空が見えます。
(このスクリーンショットを撮るのに、結構変な姿勢になりました^^;)

Panono 001 20131117 191637

なかなか言葉では説明しづらいのですが、こちらの動画を見ると、どんな風に写真が見えるか、イメージができると思います。

全方位のカメラで撮られた写真を合成し、まるで全方位プラネタリウムのように、panonoカメラを中心とした視野を、iPhoneから切り取って見ることができるのです。

Panono 001 20131117 191810

googleマップのストリートビューがイメージとしては近いと思いますが、もっとシームレスで、ぐりぐり見える景色が変わるのは、かなり体験として面白いです。

なんというか、もう「写真」という概念を超えていますよね。
これは面白い!

スクランブル交差点の他のサンプルで、まさにこれはというのがあったのですが、あるカップルの結婚式披露宴の会場で撮影したもの。

Panono 001 20131117 192248

こんな使い方ができたら、写真を目で見るよりも、もっと「空間を思い出す」ことができますよね。

これは面白いなあ!

さいごに

まだ正式に製品化はしておらず、現在資金調達中とのこと。

こういったプロジェクトに出資したことはなかったのですが、今回は結構気に入ったので、思い切って出資してみました。(ちょっとだけですが・・・)

PayPalで決済ができたので簡単でした。

まあ、製品化しても数万円はするようなので、簡単に買えるようなものではないですが、この「新しさ」はすごく価値があるなあと思いました。

まずはぜひ、iPhoneアプリ(iPad版もあります)をダウンロードして、どんな景色が見えるのか試してみてください!

ではでは!

Panono – Panoramic Ball Camera

Panono 1.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
販売元: Panono GmbH – Panono GmbH(サイズ: 0.7 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする