ReceRecoの入力情報をすぐにマネーフォワードに連携させる方法!

Recereco moneyforward 001 20131130 155410

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

レシート読み取りアプリReceRecoと、オンライン家計簿マネーフォワードの連携が便利になる小ワザの紹介です。

ReceReco入力をマネーフォワードの「財布」入出金として管理できる

レシートを読み取って支出を登録してくれるiPhoneアプリReceRecoと、オンラインで銀行口座やクレジットカードの入出金をもとに自動で家計簿を作ってくれるマネーフォワード。

最近は、このふたつのサービスを利用して家計簿をつけています。

待ってた!マネーフォワードがReceRecoと連携してレシート入力が便利に!

さらに最近、マネーフォワードのアップデートで、「財布」、すなわち現金入出金の管理が可能になりました。

これまた良い感じの機能で、ReceRecoで記録した入出金を、マネーフォワード上で「財布」の入出金として関連付けることができるというもの。

現金管理が簡単に!財布機能の便利な使い方 | マネーフォワード公式ブログ

こんな感じでReceRecoに支出を登録すると、

Recereco moneyforward 001 20131130 160416

マネーフォワードの「財布」からお金が出ていったものとして記録されます。

Recereco moneyforward 002 20131130 160026

つまりどういうことかというと、現金支出のすべてをReceRecoに記録すれば、マネーフォワード上の「財布」の残高も直近化されるということです。

これまでも、マネーフォワードは、銀行口座やクレジットなど、「非現金」の口座管理はできていたのですが、現金の残高管理は苦手でした。

これが、ReceRecoとの連携を有効活用し、お財布の中身まできっちり管理できるようになったという、なかなかにグレートな機能です。

ReceReco→マネーフォワード連携のネック:非リアルタイム

しかしこの機能には一点ネックがありました。

それは、ReceRecoからのデータアップロードは、自動バックアップで10分おきにしかできないということ。

マネーフォワードがどうやってReceRecoのデータを取得しているかというと、他の金融機関と同様、ReceRecoのサーバに接続し、登録されたデータを取得しています。

ではもとのReceRecoのデータは、いつiPhoneからReceRecoのサーバにアップロードされるかというと、アプリ内で自動実行される、10分に1回の自動データバックアップ時なのです。
(データのバックアップ=サーバへのアップロード)

これがどうネックになるかというと、例えば、財布の残高をチェックするために、その日のレシートをすべてReceRecoに記録して、マネーフォワードで「財布」の残高をチェックしたいというとき。

ReceRecoでレシートを読み取っても、データアップロードは手動ではできないため、自動アップロード処理が走るまでしばらく待たなければいけません。

黙って10分待てばいいじゃないかという考え方もあると思いますが、待っている間に他のことをしてしまい、結局財布の残高のチェックを忘れてしまう・・・という状況が容易に想像できます。

なんとかやり方はないかなあと思い、手動でデータをアップロードすることができないか、ReceRecoアプリの「ご意見・ご要望」から質問してみたところ、こんな回答が返ってきました。

申し訳ありません。現在は手動同期機能のようなものはありません。
ただ、通常は10分毎にアップロードを行うのですが、アプリ起動直後にもアップロードするデータがあるか確認し、
あればアップロードを行う動作となっております。
すぐに反映させたいのであれば、データ投入後にアプリを終了させ、再起動させて20秒ほどお待ちください。

これは・・・いけるんじゃあなかろうか!?

ReceRecoアプリを再起動したタイミングで、データがアップロードされる!

実際にやってみました。

1.ReceRecoでレシートを記録して、アプリを再起動

まずはReceRecoでレシートを登録。

一番上のスターバックスコーヒーです。どうでもいいですが、マグカップのデザイン変わったの知りませんでした・・・

Recereco 001 20131130 161653

アプリをいったん停止します。

ホームボタンをダブルクリックして、ReceRecoアプリの画面を上にスワイプ。ひゅん!

Recereco 001 20131130 161318 2

その後、再度ReceRecoのアプリを起動します。
データがアップロードされるまで、20秒ほど待ちましょう。

2.マネーフォワードからReceRecoのデータを取得

次はマネーフォワード側でReceRecoのデータを取得します。

iPhoneアプリの場合、手順は以下。

メニューから「登録済み金融機関」を選択します。

Recereco moneyforward 002 20131130 161200

一番下の「サービス連携」にReceRecoが表示されているので、これを選択します。

Recereco moneyforward 003 20131130 161219

画面右上の「再取得」をタップ。

Recereco moneyforward 001 20131130 161142

しばらく(数十秒〜1分ほど?)待つと・・・ちゃんとマネーフォワード側にスターバックスの明細が表示されました!

IMG 0924

さいごに

Iphone 001 20130916 074205

マネーフォワードからReceRecoのデータを取得するときも、多少待つ必要はありますが、この方法なら、自分のオペレーションでデータ連携をさせることができるので、だいぶストレスがなくなります。

これからこのやり方で、日々財布の残金のチェックをしていこうと思います。

ちなみに、ReceRecoのAndroid版アプリでは、データを登録すると即座にサーバにアップロードされるようになっているらしく、iOSアプリも同様に即時アップロードするよう開発中とのこと。

そうすればもっとデータ連携が簡単になりますね!

最後にひとつ、ReceRecoの問い合わせですが、休日だったにもかかわらず、質問して数時間後には回答が返ってきました。
レスポンスの速さに感動です。ありがとうございます!

ReceRecoもマネーフォワードも便利に楽しく使わせてもらっているサービスなので、今後も注目していきたいと思います!

ではでは!

【総合1位の家計簿】ReceReco レシート撮影で支出管理 1.4.7(無料)App
カテゴリ: ファイナンス, ライフスタイル
販売元: BrainPad Inc. – BRAINPAD INC.(サイズ: 15.9 MB)
全てのバージョンの評価: (1,754件の評価)

無料家計簿-マネーフォワード 4.3(無料)App
カテゴリ: ファイナンス, ユーティリティ
販売元: Money Forward, Inc. – Money Forward, k.k.(サイズ: 11.8 MB)
全てのバージョンの評価: (538件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする