[iPad mini]やっぱりハードウェアキーボードはいいと思う。

Logicool 001 20131201 213858

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

iPad mini Retinaと一緒に買ったロジクールのキーボードカバーがやっぱりとてもいい感じです。

ハードウェアキーボードの利点

通勤時間にiPad miniでよくブログを更新しているのですが、やっぱりロジクールのキーボードカバーが超絶便利です。

いつも膝の上に鞄を乗せ、その上にキーボードとiPad miniを置いて使っています。

Logicool 002 20131201 213938

やっぱりハードウェアキーボードがいいなあと思うのは以下の点。

  • 打鍵感があることによる打ち間違いの少なさ
  • カーソル移動とコピー・ペーストがめちゃくちゃ楽

打鍵感は大事

まず一点目ですが、そのまんまではあるのですが、キーボードで文字入力をするにあたって、やっぱり打鍵感があることって大事だなあと思います。

iPadやiPad miniのソフトウェアキーボードを使ったことがある方ならわかりますが、ソフトウェアキーボードで長文をタイピングするというのは結構大変です。

キーボードの配置に沿って指を動かしているつもりでも、ちょっとしたところで思っていたのと違うキーに触れてしまうこともしばしば。

特にiPad miniのソフトウェアキーボードは相当キーピッチも小さいですから、相当慣れないとスムーズな文字入力はできないと思います。
(僕は慣れる前に挫折しました)

その点ハードウェアキーボードは、自分がどのキーにタッチしたかはばっちりわかりますから、ストレスは相当減ります。

「iPad miniさえあればよい身軽さ」と「キーボードも持ち歩くけど、入力は楽」のどちらを選ぶかという問題だと思いますが、iPad mini用ならキーボードもそれほど重くはありませんし、できることの幅が相当広がることを考えると、後者もかなりメリットはあると思います。

カーソル移動とコピペ

これも、それなりの長文を打つ前提ではありますが、カーソルキーってめちゃくちゃ便利です。

iPad miniに限らず、iOSの入力系は、細かい範囲選択がどうしても苦手ですよね。

「ここからここまでを選択する」というのが、とても短い範囲だったりすると、思った通りに選択範囲が調整できなかったりします。

ハードウェアキーボードなら、カーソルキーを使えばその点はだいぶノンストレスです。

そしてその恩恵に預かるのが、コピーアンドペーストがものすごく楽になるということです。

選択範囲を選んでcmd+cでコピー、cmd+vで貼り付けというのがMacと同様にできます。

ちなみに、ロジクールのウルトラスリムキーボード ミニだと、cmdキーのショートカットが、fnキーで代替可能です。

Logicool 001 20131203 224113

cmdキーだと、キーボードの配置上、ちょっと狭苦しくなってしまいますからね。

Logicool 005 20131201 214028 7

動画を撮ってみた

文字でうだうだ書くよりも、目で見たほうがイメージしやすい話だと思うので、動画を撮ってみました。

やっぱりカタカタタイピングするのは気持ちいいです。

さいごに

Logicool 001 20131201 213906

iPhoneのフリック入力を初めて使ったときは衝撃的で、これが新しいインターフェイスか!と思いましたが、すべてがすべて、使い勝手が向上するとは限りません。

範囲選択とか、コピー・ペーストなんかも、今後、iOSを始めとするタッチインターフェースがさらに発展していって、現在の課題を解決できる仕組みが現れるかもしれませんが、今はまだそこまではいっていないと思います。

部分部分割りきって、新旧のインターフェイスを混ぜて使うというのは十分ありだと思います。

ロジクールのウルトラスリムキーボードは、iPad miniを、コンテンツ消費以外の分野にも利用用途を広げてみたいという方には、本当におすすめのガジェットです。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする