FlashAirのワイヤレス通信のオン・オフを画像プロテクトで切りかえるときの設定方法と注意点

13 1月

Camera 001 20140112 181309

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

スマートフォンやタブレットに撮った写真をワイヤレスで転送できるSDカード、FlashAirを購入して2週間ほど。
ようやく使い方に慣れてきました。

ワイヤレス転送機能のオン・オフを切り替える方法について、やや戸惑ったところがあったので、設定や、つまづきやすそうなところについて書いておこうと思います。

FlashAirカードのデータ転送機能オン・オフの切り替えには「画像のプロテクト」を使う

FlashAirは、カメラに挿したままで、スマートフォンやタブレットとワイヤレス通信を行い、写真を転送することができるSDカード。

FlashAir自体にはバッテリーはないので、デジタルカメラのバッテリーを利用して写真のワイヤレス転送処理を行います。

そのため、ワイヤレス転送機能を使うと、カメラの電池の減りがはやくなるのがネック。

なので、写真転送をしないときはワイヤレス転送機能をオフにし、スマホ・タブレットとの通信をさせないようにしておきたい。

そんなニーズに応えて、FlashAirではワイヤレス転送機能を手動でオン・オフ切り替えすることができます。

その方法はちょっと変わっていて、カードにもともと入っている画像を、デジカメでプロテクト(削除できないようにする)するというやり方です。

この機能を有効にするには、スマートフォンやMac/PCの設定ツールから、カードの設定を変更する必要があります。

設定変更の方法を含めて、今回は通信機能のオン・オフを切り替えるやり方と、注意点についてご紹介しようと思います。

目次は以下のとおりです。

  1. ワイヤレス転送の「手動起動モード」への切り替え方法
  2. カメラから画像をプロテクトして通信をオン・オフする方法
  3. 手動起動モードの注意点

1.ワイヤレス転送の「手動起動モード」への切り替え方法

まずはカードの設定変更です。

僕はiPhone 5sから設定しました。おそらくAndroidのスマートフォンも変わらないと思います。

FlashAirに接続した状態で、ウェブブラウザから

http://flashair/

というURLにアクセスすると、以下のような画面が表示されるので、右上の歯車マークをタップします。

Flashair 001 20140112 213128

設定メニューが開くので、「無線LAN起動モード設定」をタップ。

Flashair 002 20140112 213138

デフォルトだと、「自動起動モード」にチェックがついているので、これを、「手動起動モード」に切り替えます。

「OK」をタップして設定を保存すれば完了です。

Flashair 001 20140112 214029

2.カメラから画像をプロテクトして通信をオン・オフする方法

カードの設定変更が完了したら、カメラから画像のプロテクトを行い、通信機能を切り替えることができるようになります。

なお以下のメニュー画面は、Sony NEX-5Nでのものになります。

カメラのメニューから、以下の画像を選択し、プロテクトをかけます。

画像は、もともとFlashAirのカードに入っている1枚目の画像です。

写真の閲覧モードで、一番最初の写真を見れば(最新の写真から一枚移動する)表示されると思います。

初期状態では、プロテクトはかかっていません。
この状態だと、ワイヤレス転送機能がオンになった状態です。

Flashair 002 20140112 180833 5

プロテクトがかかると、ワイヤレス転送機能はオフになり、スマートフォンやタブレットに、FlashAirのアクセスポイントが表示されなくなります。

Flashair 001 20140112 180756 6

ちなみに、この画像を誤って削除してしまった場合は、Mac/PCのFlashAir設定ツールから復元できるとのことでした。

3.手動起動モードの注意点

以上で切り替えの手順はすべてなのですが、ひとつだけ自分がひっかかったところを注意点として挙げておきます。

FlashAirは、手動起動モードで、画像のプロテクトをオフ(通信機能がオン)にしていても、一度カメラの電源を切ると、通信機能がオフになります
(画像のプロテクトは変わりません)

カメラの電源を入れた状態で、画像のプロテクトをオフにし直すと、通信機能がその時点からオンになります。

画像のプロテクト状態を何度見ても、オフになっているはずなのに、通信ができない・・・という場合は、一度プロテクトをオンにし、もう一度オフに戻すと、おそらく解決すると思います。

Flashair 003 20140112 180942

仕組みとしては、

  • 手動起動モードでは、ワイヤレス転送機能は原則オフになっている
  • カメラの電源をオンにした状態で、画像のプロテクトをオフに切り替えると、転送機能がオンになる
  • カメラの電源を落とすと、(画像のプロテクト状態にかかわらず)ワイヤレス転送機能は必ずオフに戻る

という仕様になっているみたいですね。

たしかによく考えると、これなら、「デフォルトは通信機能オフ」になるので、カメラのバッテリーの節約になりますが・・・わかりにくさはなかなかのものです。

カメラによっては、FlashAir用の設定メニューがカメラ側に用意されているものもあるらしいのですが、ごく一部に限られているようです。

どうにか、もう少し使いやすいインターフェイスになるといいですね・・・

さいごに

FlashAirは慣れるとなかなか快適で便利ですが、慣れるまで時間がかかるなあというのが使ってみての印象です。

マニュアルページもあるのですが、今回のような内容をピンポイントで探すことはできなかったので、自分の作業の振り返りをエントリーにしてみました。

同じように困っている方の参考になれば幸いです。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です