[iPhone]画像・定型文を簡単にポストできるツイート専用アプリ Ready Tweet

18 1月

Readytweet 001 20140118 195311

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

毎日楽しくiPhoneでTwitterしています。
いろいろなクライアントアプリがありますが、タイムラインやリストを見るときと、自分がツイートするときとでは、

ふらりとツイートするときは、ツイート専用アプリを使うのが便利です。
最近気に入っているアプリ、Ready Tweetがいい感じなのでご紹介します。

画像・定型文の投稿が簡単なツイート専用アプリ Ready Tweet

ツイート専用アプリは、これまで、Chirpieというアプリを使っていました。

しかし最近、TwitterのAPI変更でツイートを投稿できなくなり、どうしようかなあ・・・と思っていたところで見つけたのが、Ready Tweetというアプリです。

Ready Tweet – 速いツイート送信
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

Ready Tweetでできることは以下のとおり。
無料アプリですが、それなりに機能は豊富です。

  1. テキスト、写真、定型文のツイートが可能
  2. アプリ起動時にツイートする内容を事前に設定可能
  3. 通知センターからのアプリ起動が可能

簡単にご紹介します。

1.テキスト・写真・定型文のツイートが可能

Ready Tweetは、iOSのツイートインターフェイスからテキストをツイートできるのはもちろん、そのほかにも写真や、あらかじめ設定した定型文をツイートに付与することができます。

写真や定型文は組み合わせてツイートすることができます。

  • テキストのみ
  • テキスト+写真
  • 定型文+テキスト
  • 定型文+テキスト+写真

こんな感じで、ワンタップで上記組み合わせの中から選ぶことができます。

Readytweet 004 20140118 192359

ツイート自体は、iOSのインターフェイスを使うので、位置情報をつけてツイートすることも可能です。

Ready Tweet

2.アプリ起動時にツイートする内容を事前に設定可能

Ready Tweetには「1タップツイート」という設定があり、ここに設定した内容が、アプリ起動時にデフォルトで使われます。

組み合わせは先ほどと同様の4パターン。

Readytweet 002 20140118 192458

アプリ起動で即ツイートできるのは便利です。

3.通知センターからのアプリ起動が可能

通知センターからアプリを起動することもできます。

Ready Tweet

面白いのは、通知センターからのアプリ起動時も、1、2のところであったような、ツイートに付与するものの組み合わせを設定できるということです。

Readytweet 003 20140118 192523

なので、
・普通にアプリを起動したときはテキストのみ
・通知センターからアプリを起動したときは、定型文つき
なんてことも可能です。

使ってみて

定型文の設定や通知センターの利用など、なかなかユニークな機能ですが、僕は主に使うのはテキスト、ときどき写真という感じです。

なんといっても、アプリを立ち上げたら即ツイートができる(余計なタップがいらない)のがいいですね。

Ready Tweet

アプリ起動後、「キャンセル」をタップすれば、メニューの画面に戻ります。

写真つきでツイートしたいときは、そこから写真+テキストのメニューを選べば、すぐに写真が添付できます。

やりたいことはシンプルですから、少ないタップ数で実現できるというのがポイントですね。

さいごに

Ready Tweetは、機能が十分ということだけでなく、iOS7にちゃんと対応していますし、インターフェイスもフラットかつかわいらしい感じで気に入っています。

強いて言えば、アプリアイコンがいまいちピンとこない(Twitterアプリっぽくない)のが気になるところではありますが、まあ、好みですね。

なんにせよ、無料で使えるツイート専用アプリとしては、そつなくまとまっていてレベルが高いと思います。

iPhoneからツイートすることが多い方には、とても便利だと思います。
ぜひ使ってみてください。

ではでは!

Ready Tweet – 速いツイート送信
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です