Dropboxの二段階認証でワンタイムパスワードを使う流れ

Dropbox 001 20140208 105618

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

先日有効化したDropboxの二段階認証。

ワンタイムパスワードを使う方法は、モバイルアプリ(iPhoneなら、Google Authenticatorなど)を使うのが楽ですが、対応していないアプリもあったりします。

そんなときは、Dropboxからメールで送られてくる案内にそってパスワードを確認すればOK。
流れをご紹介します。

モバイルアプリでのパスワード取得ができないアプリ・サービスもある

先日、こんな記事を書きました。

iPhoneのGoogle認証アプリ(Authenticator)を使ってDropboxの二段階認証を有効にする方法

Googleアカウントの認証に使っているアプリ(Google Authenticator)がDropboxの認証にも使えるということで、これは便利だなあと思っていたのですが、一部のiPhoneアプリなどは、Google Authenticatorを使ったワンタイムパスワード認証はできないようです。

一瞬、「あれ?認証できないじゃん!」と思ったのですが、そういったアプリは、Dropboxから個別にワンタイムパスワードが発行されるみたいです。

メールでワンタイムパスワードへのリンクが送られてくる

例えば、Google Authenticatorが使えなかったのはこちらのアプリ。

PictShare – multiple photos/movies uploader 3.4.5(¥300)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 3.4 MB)
全てのバージョンの評価: (230件の評価)

iPhoneの写真を様々なSNS、ウェブサービスに簡単にアップロードできる、超絶便利なアプリです。

普通のパスワードを入れると、さらにワンタイムパスワードの認証が求められる・・・という流れかと思っていたのですが。

通常のパスワードを入力した時点で、エラーになってしまいました。

Dropbox 001 20140208 172958

あれれ・・・と思ったところ、Dropboxからメールが。

なるほど、モバイルアプリ(Google Authenticator)が使えない場合は、Dropboxからワンタイムパスワードが個別に発行されるみたいですね。

Dropbox 003 20140208 173028

メールにある「Visit this page」をクリックすると、こんなページに。

ほうほう、こういう流れで「PictShare用のワンタイムパスワード」が確認できるんですね。

Dropbox 004 20140208 173136

で、このパスワードをアプリに入力したところ、正しく認証されました。

Dropbox 002 20140208 173223

ちなみに、ワンタイムパスワードのページは、iPhoneのブラウザからも確認することができます。
(Dropboxのウェブサイトにログインするために、Google Authenticatorの二段階認証が必要になりますが)

さいごに

二段階認証を有効化して喜んでいましたが、やっぱりちゃんと使ってみないと細かいところはわからないものです。
設定したら、動作を確認するというのは基本ですね。

実際に使ってみて、流れとして特に難しいところはありませんでした。
ワンタイムパスワードの案内メールが英語なのが面食らうかもしれませんが、「Visit this page」をクリックすればとりあえずOKです。

Appleも一部地域で二段階認証を始めたようですし、これからこのトレンドは続いていきそうですね。

自分のアカウントは自分できっちり管理したいものです。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする