複数の画像ファイルを一括でトリミングできるMacアプリXnConvertがすごく便利!

Xnconvert 001 20140211 184958

こんにちは。よしち(@yoshichiha)です。

ブログエントリーを書く際に、スクリーンショットのトリミングをよくするのですが、複数のファイルを一括でトリミングできるXnConvertというアプリがとても便利です。

スクリーンショットをトリミングするのが面倒

Macのスクリーンショットは、開いているウィンドウをそのままキャプチャする場合、

command + shift + 4 → space → クリック

という手順で撮ることができます。

この手順で、例えばChromeのウィンドウを撮ると、こんな感じになります。

Xnconvert 001 20140211 182939

自動でウィンドウに影がつくられるのがポイントです。

この影は、ウィンドウの縁がどこかわかりやすくしてくれるというメリットがあるいっぽうで、影の部分がある分、ウィンドウそのものは小さくなるのがネック。

ということで、影をつけないスクリーンショットも撮ることができます。

command + shift + 4 → space → option + クリック

という手順です。

この手順で撮った、同じChromeのウィンドウは以下のようになります。

Xnconvert 002 20140211 183000

影がないのでウィンドウそのもののサイズは大きくなっていますが、その分、背景との境目がわかりづらくなっていますね。

しかたがないので、影ありで撮って個別にトリミング・・・

こんな感じで、どちらも一長一短なので、これまでは、影ありでスクリーンショットを撮ったあとに、Skitchなどの画像加工アプリでトリミングするということをしていました。

Xnconvert 001 20140211 183335

こうすれば、影の部分を少なくした画像を作ることができるのですが・・・ひとつひとつ手作業でやるのがやっぱり面倒。

どうにか簡単にできないものかなあと思っていました。

XnConvertならピクセル指定でトリミング可能、しかも複数ファイル一括で!

で、見つけたのがこちら、XnConvertというMacのアプリです。
(Windows版もあるみたいですね)

XnConvert 1.61(無料)App
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン
販売元: pierre gougelet – pierre gougelet(サイズ: 15.1 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)

これが使ってみたらかなり便利でした。

XnConvertの使い方

アプリを起動し、[入力]タブから、ドラッグ&ドロップで加工対象のファイルを取り込みます。

Xnconvert 002 20140211 183937 3

次に遷移する[動作]タブで、加工内容を選択します。
トリミングの場合は、左上の「動作を追加」ボタンから、画像>トリミングを選択。

Xnconvert 003 20140211 184021 7

トリミングで切り取る範囲は、ピクセル数で指定します。

Macのスクリーンショットの影を切り取る場合は、上から30、下から70、左から50、右から50というパラメータにすると、ちょうどいいと思います。

右側にはプレビュー画面もあるので、そこでトリミング後の画像も確認できます。

Xnconvert 004 20140211 184051 7

右下にある「変換」ボタンをクリックすると、トリミングが実行されます。

Xnconvert 005 20140211 184113

先ほどのChromeのウィンドウだと、影ありのスクリーンショットを前述のパラメータでトリミングしたものがこちら。

Xnconvert 001 20140211 184104

ちゃんと影がわかるけれど、邪魔ではない、というくらいの縁になってますね。

複数のファイルを一括で加工できるのが超ありがたい

さて、このアプリでいいな!と思ったのは2点。

  • 複数のファイルを一括でトリミングできる
  • トリミングのパラメータ(縁からのピクセル数)を保存しておける

というところです。

処理対象のファイルは、ドラッグ&ドロップで取り込むのですが、複数のファイルを一括で取り込むことができるのです。

Xnconvert 001 20140211 181143 4

取り込まれたファイルに、先ほどのパラメータに沿って、一括でトリミング処理が行われます。

Xnconvert 002 20140211 181201

また、一度設定したパラメータは、次回起動時もそのまま保持されるので、トリミングのピクセル数はいちいち設定する必要はありません。

こちらも地味にありがたいです。
同じようなスクリーンショットのトリミングであれば、アプリにファイルを取り込んで「変換」ボタンを押すだけで完了ということになりますからね。

いやあ捗ります。

さいごに

まとめると、XnConvertはこんなアプリです。

  • 上下左右の端からのピクセル数を指定してトリミング可能
  • 複数ファイルを一括で処理できる
  • 切り取るピクセル数の設定が保存され、次回も使える

複数のファイルを一括で加工できるのがとてもいいですね。

アプリのダウンロードは無料です。
アイコンがいまいちなのと、ときどきクラッシュしてしまうという弱点はありますが、それを差し引いても、十分便利に使えるアプリだと思います。

今回紹介した機能以外にも、画像加工のメニューはかなり豊富そうなので、トリミングに限らず、画像を手軽に加工したいという方は使ってみてはいかがでしょうか。

ではでは!

XnConvert 1.61(無料)App
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン
販売元: pierre gougelet – pierre gougelet(サイズ: 15.1 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)

Adobe Photoshop Elements 11 Editor 11(¥7,800)App
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン
販売元: Adobe – Adobe Systems, Inc.(サイズ: 1,605.7 MB)
全てのバージョンの評価: (8件の評価)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tarou より:

    こんにちは

    tarouといいます。

    imacで、端からピクセル単位で画像をトリミングできる
    フリーソフトを探していたら、こちらに行き着きました。

    XnConvert使用してみましたが、グッドです!

    フリーの画像編集ソフトでは
    そういう緻密な作業ができるものが見つからなかったので、
    助かりました。

    ありがとうございます。