[マネーフォワード]食事代・飲み会代をクレジットで立て替えたときに、家計簿の支出金額を正しく登録する方法

28 2月

Moneyforward 001 20140223 122220

こんにちは。家計簿はマネーフォワードを使っているよしち(@yoshichiha)です。

飲み会の幹事をやると、代金の支払いを立て替えるということはよくありますよね。

自分がまとめてクレジットカードで払えば、ポイントがたくさんついてお得だし、悪いことではありません。

しかしちょっとやっかいなのは、家計簿上の扱い。

手書きの家計簿であれば、割り勘の結果だけを記録すればいいですが、マネーフォワードのように、カードや銀行口座のデータを自動取得するアグリゲーションサービスだと、そうはいきません。

必ず、クレジットの支払額そのものが残ってしまいます。

そんなときに、収支を正しく登録する方法のご紹介です。

食事・飲み会の立て替え分を正しく収支に反映する

例えば、友だちと食事に行って、自分がクレジットカードで二人分支払ったとしましょう。

マネーフォワードには以下のように支出として登録されます。

Moneyforward 001 20140223 123708

2,040円という支払額ですが、割り勘して、このうち半分(1,020円)は自分、もう半分は友だちの支払いというような場合、割り勘ぶんは、現金で友だちから受け取っていることになると思います。

この2,040円という金額は、カード会社から自動取得してきたものなので、変更することはできません。

なので、このままだと、実際の食事代金より多く、家計簿に登録されてしまうことになります。

また、割り勘ぶんとして財布に戻ってきた1,020円も、財布の現金残高には反映しないといけませんが、「収入」として計算されてしまうと、実態とずれてしまいます。

こういった場合に、家計簿と現金を正しく登録するやり方は以下のとおりです。

1.受け取った現金を手入力

2.手入力した金額とクレジットの立て替え金額を支出計算対象外にする

3.「実際に自分が支払ったはず」の金額を手入力する

以下、細かく説明します。

画面イメージは、マネーフォワードのウェブサイトのものになっていますが、同じことはiPhoneアプリでも可能です。

1.受け取った現金を手入力

まず、財布の現金残高を正しくするため、友だちから受け取った現金を手入力で登録します。

収入として登録しますが、あとで家計簿計算外にするので、勘定項目はなんでもいいと思います。

ここでは財布への入金とすることがポイントです。

Moneyforward 002 20140223 123405

登録すると、こんな感じになります。

Moneyforward 003 20140223 123428

2.手入力した金額とクレジットの建てかえ金額を支出計算対象外にする

次に、クレジットの支払い金額と、友だちから受け取った現金を、家計簿の計算対象外にします。

ウェブサイトからの登録の場合、明細の左側にあるチェックボックスにチェックを入れればOKです。

Moneyforward 003 20140223 123428 2

チェックをつけると、明細がグレーアウトされ、計算対象外として扱われます。

Moneyforward 005 20140223 123452 2

3.「実際に自分が支払ったはず」の金額を手入力する

最後は、自分の実質の支払額を登録します。

今回の例で言えば、自分の食事代金、1,020円ですね。

こちらも、手入力で登録するのですが、お金の支出元を「なし」にするのがポイントです。

こうすると、財布の現金残高はそのままに、支出の項目を登録することができます。

Moneyforward 006 20140223 123548

明細としては、最後に入力した、自分の食事代金だけが計算対象になっている状態になります。

Moneyforward 007 20140223 123601

登録はこれで完了。

  • 現金(財布)、クレジットカードの増減は正しい
  • 家計簿の勘定(支出・収入)が正しくなる

という状態になっていればOKです。すっきりですね!

さいごに

このように、クレジット・現金のお金の出入りと家計簿上の収入・支出をわけるのはちょっとめんどうですが、飲み会の幹事をやったときなどは、このやり方をしないと、家計簿の勘定が実態と大きく分かれてしまいます。

マネーフォワードは、何もしなくても、クレジットや銀行口座の入出金を自動で記録してくれるので、ざっくりしたお金の管理はとても簡単にできますが、こういった一工夫を入れると、より便利に使えると思います。

参考になれば幸いです。

ではでは!

マネーフォワード:Money Forward – 家計簿・資産管理

無料家計簿-マネーフォワード-簡単・便利に収入支出管理!シンプルにお金が節約できる家計簿アプリ 4.5(無料)
カテゴリ: ファイナンス, ユーティリティ
販売元: Money Forward, Inc. – Money Forward, k.k.(サイズ: 11.8 MB)
全てのバージョンの評価: (801件の評価)
iPhone/iPadの両方に対応

5 Replies to “[マネーフォワード]食事代・飲み会代をクレジットで立て替えたときに、家計簿の支出金額を正しく登録する方法

  1. 初めまして。
    マネーフォワード初心者です。
    もしもアドバイスをいただけたら・・・と思い、コメントさせていただきます。

    私もクレカでよく立て替え払いをするのですが、ほとんどが割り勘ではなく、代理払いです。そして、そのカード決済分の現金が手元に来た場合、
    (1)少額であればそのまま自分の生活費財布に入れて使ってしまう
    (2)高額の場合はカードの引き落とし口座に入金して引き落としに備える
    というようにしています。

    このそれぞれの場合、マネーフォワードへの入力はどのようにすれば
    ■現金(財布)、クレジットカードの増減は正しい
    ■家計簿の勘定(支出・収入)が正しくなる
    という状況になるのでしょうか?

    現状、
    (2)のケースの場合は、立て替えた売り上げがカード会社から上がった時点で、同額を収入として手入力して、カードの記録と収入の記録両方を計算対象外としていますが、それだけでOKなのか(カード利用代の引き落としの時に自動的に振替になるが、そこで矛盾は生じないのか)?

    ということと、

    (1)の場合、お財布残高を正しくするために計算対象外にはできないので、例え少額であっても本来「収入」ではないものが「収入」になってしまう事が嫌で、解決法を探しています。

    突然の長文で大変不躾かとは思いますが、お手すきの際にでもアドバイスいただけましたら嬉しいです。

    • コメントありがとうございます。
      計算対象外にしても、口座への入金じたいはちゃんと反映されるので、まとめて払った金額と、集めたお金はすべて計算対象外にして、自分の支払い分だけ「出金元 なし」にして金額を入力、計算対象にしておく・・・というやり方でよいと思います。

      >(1)の場合、お財布残高を正しくするために計算対象外にはできないので、例え少額であっても本来「収入」ではないものが「収入」になってしまう事が嫌で、解決法を探しています。

      計算対象外のチェックに入れても、財布の残高には金額がちゃんと反映されますので、計算対象外のチェックをオンにすれば大丈夫だと思います!

      >(2)のケースの場合は、立て替えた売り上げがカード会社から上がった時点で、同額を収入として手入力して、カードの記録と収入の記録両方を計算対象外としていますが、それだけでOKなのか(カード利用代の引き落としの時に自動的に振替になるが、そこで矛盾は生じないのか)?

      こちらもあまり気にせず、立替金額と入金した金額は計算対象外にしてしまえばそれで大丈夫だと思います!

      • お返事ありがとうございました!!
        すごくわかりやすかったです。
        基本的には、私のような立て替え払いは、出金元なしの自分の支払い分すら入力しなくてよくて、立て替え決済分とその分の入金を計算対象外にするだけということなのですね。

        (1)は、勘違いしていたみたいですm(__)m
        計算対象外にしてから画面を更新したら、教えていただいた通り、お財布の残高も合いました。
        質問前は、画面の更新をせずに残高を確認してしまっていたんです。

        (2)なのですが、いまだに理屈が理解できないのです。でも難しく考えず、教えていただいた通りにしばらく続けてみます。そのうち慣れると思うので・・・。
        立て替えの入出金ともに家計簿に記録しないだけで、お金が動いている(プラマイ0ですが)ことは記録?計算?されているから総資産的には矛盾は無いということになりますものね。

        このたびは本当にありがとうございました。

  2. はじめまして。
    私もよくクレジットカードを利用しての立替をするため、今回ご紹介頂いている方法が役に立つと考えて実践してみました。

    基本的には上手く実態を反映してくれたのですが、クレジットカードの支払い金額のところを対象外にすると、口座一覧のところのカードの「今月の利用額」のところも対象外にした分、減ってしまいます。
    (例)
    1万円の支払いを割り勘として自分がカードで1万円をお支払い。5000円を現金でもらう。
    カードでの支払い、もらった5000円分を対象外にして、実際に自分が負担する5000円を改めて手入力すると綺麗になるのですが、クレジットを対象外としたことで、実際はカードで1万円の支払いがあるのに、口座一覧の箇所ではカードの利用金額が0円と表示されてしまう。

    唯一その箇所だけ気になるのですが、これはもうどうしようもないのでしょうか?

    • あまりクレジットカードのほうを見ていなかったのでそれは気づきませんでした。
      たしかに、「今月の利用額」から除外されるようですね。これをなにか対応する、というのは、難しそうな気がします。一応、マネーフォワードの問合せ窓口に聞いてみてはいかがでしょうか。あまりお力になれずすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です