子どもの写真を実家と共有するなら、iPad×iCloud共有フォトストリームが楽!

29 4月

Onecam 001 20140412 161454

こんにちは。最近子どもが生まれた@yoshichihaです。

日々少しずつ変わっていく子どもの写真を、実家の両親(おじいちゃん、おばあちゃん)にも見せてあげるのに、iPadと共有フォトストリームを使うとかなり楽でした!

子ども(孫)の写真を共有したい

4月に子どもが生まれたのですが、両家とも初孫ということもあって、パパ・ママ(僕と奥さん)だけでなく、両家の両親(おじいちゃん・おばあちゃん)も赤ちゃんが可愛くてしかたがないという感じです。

今は赤ちゃんは奥さんと一緒に、奥さんの実家にいるのですが、しばらくしたら東京に戻ってくる予定。

離れて暮らすおじいちゃん・おばあちゃんに、日々育っていく子どもの写真を見せてあげるのに、iCloudの共有フォトストリームが簡単・便利でかなり気に入ったのでご紹介。

同じようなことを考えている方にはオススメです。

我が家の環境、所持デバイスなど

僕:iPhone 5s、ミラーレスカメラ、MacBook Air
奥さん:iPhone 5s
僕の実家:iPad2(iOS7、AppleIDは僕のもの)、Wi-Fiあり(光回線)
奥さんの実家:iPad Air(AppleIDは奥さんのもの)、Wi-Fiあり(ADSL)

僕の両親も奥さんの両親も、ITリテラシーはあまり高くなく、パソコンやスマートフォンは苦手。

なんというか、平均的な50〜60代の田舎の両親、という感じです。

写真アップロード・共有のフロー

写真の共有の流れはこんな感じです。

Photo 001 20140429 183906

写真を撮るデバイスとアップロード方法は以下のとおり。

  • 自分のiPhone → そのまま共有フォトストリームへアップ
  • 自分のデジカメ → MacのiPhotoにインポート → 共有フォトストリームへアップ
  • 奥さんのiPhone → そのまま共有フォトストリームへアップ

デジカメの写真は、Flash AirやEye-Fi mobiなど、ワイヤレス転送可能なSDカードを使えば、iPhone経由でアップロードもできます。

ですが僕の場合は、デジカメの写真は必ずMacに入れることにしているので、iPhoneの写真とは別のフローにしています。

写真を見るのは、

  • 自分のiPhone
  • 奥さんのiPhone
  • 両実家のiPad

という感じ。

一応MacのiPhotoにも共有フォトストリームの写真がダウンロードされますが、あまりMacでは見ないです。

実家の両親はAppleIDを持っておらず、発行しても管理の手間のほうが大きいので、僕と奥さんのIDをそれぞれ両実家のiPadに登録しています。
(もちろん別のAppleIDでも問題無いですが)

当たり前ですが、iPhoneは写真を撮るだけでなく、フォトストリームの写真を見ることもできるので、僕が撮った写真は奥さんも見られますし、逆も然りです。

実家の両親だけでなく、僕自身も奥さんが撮る写真を楽しみにしているので、これはポイント高いです。

iCloud共有フォトストリームのメリット

iCloudの共有フォトストリームのお気に入りポイントは、以下のとおり。

  1. 受け取る側が何もしなくていい
  2. iPhoneからのアップロードが簡単
  3. コメントがつけられる
  4. 動画もアップできる
  5. 写真をの管理が簡単

それぞれ説明します。

1.受け取る側が何もしなくていい

これがメリットとしてはいちばん大きいと思います。

共有フォトストリームにアップロードした写真は、Wi-Fiに接続されていれば自動的に共有対象デバイスにダウンロードされるので、実家の両親からすると、何もしなくてもiPadに新しい写真が入ってくることになります。

タブレットやスマートフォンが苦手な両親からすると、写真を受け取るために何かしなければいけないというのはけっこう抵抗があると思うので、そこが自動化できるというのがいちばんのポイントでした。

使うアプリも、純正の「写真」アプリですし、iPadのドックに入れておけば迷うこともありません。

2.iPhoneからのアップロードが簡単

赤ちゃんと一緒にいる奥さんが、写真をアップすることが多いのですが、iPhoneからの写真アップロードがとても簡単なのがまたいいところ。

iPhoneの写真アプリから、アップロードするストリームを選び、下のように+マークをタップして写真を追加するだけです。

Photo 001 20140429 094930

これなら赤ちゃんのお世話で忙しいママ/パパにも、それほど負担にはならないのではないかと思います。

ちなみにカメラアプリはOneCamがオススメです。

iPhoneで赤ちゃんの写真を撮るならOneCamがやっぱり最適

3.コメントがつけられる

実は使ってみるまで知らなかったのですが、共有フォトストリームはアップロードした写真に簡単にコメントや「いいね!」がつけられます。

こんな感じ。

Photo 002 20140429 094548

写真だけでもうれしいですが、そのときの状況や赤ちゃんの様子など、ちょっとしたコメントがついていると、見ていてより楽しいです。

4.動画もアップできる

最大5分までの長さのムービーもアップできます。
しかも件数は写真と同じカウント

いくら圧縮されるとはいえ、写真に比べれば動画はだいぶファイルサイズが大きいと思うのですが、件数が写真とまったく同じように扱われ、ファイルサイズ的な制限はなし

これ、何気にかなりすごいですよね。

ムービーが各デバイスにそのままダウンロードされるわけではない(再生はストリーミング)ので、デバイスのストレージ容量を圧迫することもありません。

静止画だけでは伝えられない赤ちゃんの姿も見ることができて、かなり重宝しています。

5.写真の管理が簡単

共有フォトストリームにアップロードできる枚数は、Appleのサイトによると以下のとおり。

現在の iCloud の写真共有の 1 時間/1 日ごとの制限は次の通りです。

1 時間ごとに共有できる写真とビデオの最大合計数:1,000 件
1 日ごとに共有できる写真とビデオの最大合計数:10,000 件
これらの共有制限は、上記のアップロード制限とは別です。たとえば、同じ日に 10,000 枚の写真を自分のフォトストリームにアップロードしてから、それらの 10,000 枚の写真、または 10,000 枚のほかの写真を共有することができます。

共有フォトストリームの使用には次のような制限もあります。

1 人のオーナーが共有できる共有ストリームの最大数:100
1 人のユーザが参加できる共有ストリームの最大数:100
共有ストリームの最大参加者数:100 人 (共有ストリームごとの参加者数)
共有ストリームごとに共有できる写真の最大枚数:5,000 枚
共有ストリームの写真 1 枚につき投稿可能なコメントの最大数:200 回 (「いいね!」またはテキスト入力はコメントとみなされます)
コメントあたりの最大文字数:200 文字
1 日に共有ストリームのオーナーが招待通知を送信できる最大数:200 回

iCloud:「自分のフォトストリーム」と iCloud の写真共有の制限

写真もコメントも、普通に使うぶんには「足りなくなる」ということはないと思います。

iCloudのストレージも消費しないし、有効期限などもないので、新しい写真をぽんぽん入れていけばそれだけでOK。

写真の自動削除はされないようなので、5,000枚に達したら手で写真を削除しなければなりませんが、最悪、新しくフォトストリームを作るのもアリかと思います。

ちなみに、共有フォトストリームでは、写真をアルバム・イベントで整理したりする機能はありませんが、僕は逆にそのほうが楽でいいと思います。
肩肘張らずにアップしたり閲覧したりできますからね。

イベントごとに綺麗にまとめたければ、別途写真管理アプリやウェブサービスを使えばいいと思います。

さいごに

ということで、iCloud共有フォトストリームを使った写真の共有について、僕のやっているやり方と、いいなあと思っているところをまとめてみました。

とにかく、実家の両親(おじいちゃん・おばあちゃん)は何もしなくていいというのがいちばん大きなメリットだと思うので、写真やムービーをどうやって見せてあげようかなと悩んでいる方には、なかなかおすすめのやり方です。

「子どもの写真」に限らず、共有フォトストリームは、誰かとの写真共有がかなり簡単になりそうです。

エントリーを書いていて改めて感じましたが、いやほんと、これだけ仕組みが整っていると、素直にアップル製品バンザイという気分になりますね。

Androidやgoogle+などでも、うまく仕組みを作れば同じようなことができるのかもしれませんが、アプリ・OS・デバイスがすべてネイティブに連携されているというのは恐ろしく便利だなあと思いました。

次のステップは、Apple TVですかね。普通に買っちゃいそうだ・・・

ではでは!

2 Replies to “子どもの写真を実家と共有するなら、iPad×iCloud共有フォトストリームが楽!

  1. たまたま流れ着いたのでコメントしまーす

    すごい解りやすいですね
    しかも説明が細かい!
    この記事書くのに結構時間かかっているのでないですか?
    それに引き換え自分の記事は。。。。もっと頑張ろうw

    自分も、アンドロイドで似たようなシステム作って
    実家でも写真みられるようにしてますが
    この便利さがあまり解ってくれていないアナログな人たちばかりで

    ではでは~

    • ありがとうございます!
      最近はサボり気味なので、もうちょっと頑張ろうと思います!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です